「うらやましい」の奥底にあるものなんだ

神戸からこんばんは!
 
なぜかエグゼクティブフロアにアップグレードしてくれてテンション高めですよw
 
今日は約1年前くらいにオレが始めて
関西の人達が引き継いでくれた「読書会」と言う名のシェア会に久しぶりの参加をしてきた!
 
んで、そこで「うらやましい」ってことが
出たからオレなりの考えを。
 
「うらやましい」って感情自体は何の問題もないと思うんだよね。
 
オレにも「うらやましい」って思うこともあるし、反対に「うらやましい」と言われることも多いんだけどさ。
 
そこには「憧れ」とか「目標」とかって
意味合いがある。
 
それとは別に「うらやましい」が妬みやひがみになってる場合って多くない?
 
「あいつばっかり」
「どうせ私は」
 
はい、これはね
 
「本当は自分もそうなりたいのに勇気なくて出来ないのを人のせいにして、やらない自分を肯定してる。」
 
これね。
 
なぜか?
 
「やらない理由が欲しいから」
「勇気出すより今のままの方が楽だから」
 
これだ!
 
んで、やらないホントの理由は
 
「失敗して恥かきたくないから」
 
はい、「人の目を」気にしてるからでした~。
 
んで、「人の目を気にしてる」ってことは
「自分も人をジャッジしてる」ってこと。
 
「あいつ失敗して恥ずかしいなw」とかね。
 
あくまでもオレの考えだけど。
 
ってか「ナリくん」って人に教えてもらったんだけどねw
 
そんなナリくんが超分かりやすく
心のことを説明してる動画が販売されてるよ。
 
ボリュームも半端なくてオレもまだ全部見れてないくらいw
 
ただ見た方がいいのは明らか。
 
詳細は下記から見てちょうだい!
 
 
 
んで、ブログセミナーも募集中だから
下記から見てちょうだい!
オレも参加しま~す(* ̄∇ ̄)ノ
(ちなみにオレも一応アクセスは1日で4000超えたりとか、累計が間もなく450000超えてるよ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。