今、LGBTに力を入れる企業が増えた4つの理由とは?

最近、LGBTに積極的に力を入れている企業が増えているのは知っている人が居るかもしれない。最も有名なのはアップル社だ。アップル社はティム・クックCEOがLGBT当事者(ゲイ)であることも有名な話である。とは言っても当事者だけの間の話なのかもしれない。現に、今隣にいる仲間に聞いてみたら知らなかった。

“今、LGBTに力を入れる企業が増えた4つの理由とは?” の続きを読む

LGBTなんて関係ないと思っているあなたに読んで欲しい

渋谷区のパートナーシップ条例(男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)が世田谷区では同性パートナーを認める書類を発行することが決まった今、LGBTなんて私には関係ないと思っているアナタにぜひ読んでもらいたい。

“LGBTなんて関係ないと思っているあなたに読んで欲しい” の続きを読む

国内2例目。同性カップル 世田谷「公認」区が公的書類発行へ

渋谷区のパートナーシップ条例(男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)に続き本日7月29日に世田谷区でも同性パートナーを認める書類を発行することを発表した。
世田谷区在住のオレにとってはとても嬉しいことである。

“国内2例目。同性カップル 世田谷「公認」区が公的書類発行へ” の続きを読む

性同一性障害で治療すると生命保険や医療保険には入れない?

性同一性障害で治療を開始した人が死亡保険の契約を受け入れてもらえなかったという事例をよく耳にする。生命保険の契約は、「病気で継続した治療を続ける必要がある」「病気になって治療を受けて完治した」など、身体的な健康告知をしなければならない。オレ自身いくつかの保険会社に問い合わせをしたがやはり加入が難しい会社が多かった。

“性同一性障害で治療すると生命保険や医療保険には入れない?” の続きを読む

性同一性障害への配慮。183自治体で印鑑証明性別記載なし

心と体の性が一致しない「性同一性障害」の当事者に配慮するなどの理由で、性別欄のない印鑑登録証明書を発行する市区町村が31都道府県の183自治体に上ることが、当事者団体が総務省に照会するなどした調査で分かった。

“性同一性障害への配慮。183自治体で印鑑証明性別記載なし” の続きを読む

オネェタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を行う予定

オネェタレントのKABA.ちゃんが海外で性別適合手術(SRS)を受ける予定であることを明らかにした。昨年、睾丸摘出手術を行い、現在はホルモン治療を受けているKABA.ちゃんは、男性から女性への戸籍変更を目指しているという。

“オネェタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を行う予定” の続きを読む

【LGBT】同性婚「賛成44%」で「反対39%」を上回る

6月26日、米国の連邦最高裁判所は、全州で「同性婚」を合法と認める初の判断をくだした。これは多くのメディアでも取り上げられ、知っている人も多いのでないだろうか?
日本ではまだ認められていない「同性婚」について毎日新聞が今年の3月14日15日に行った全国世論調査の結果について書いて行こう。

“【LGBT】同性婚「賛成44%」で「反対39%」を上回る” の続きを読む

【LGBT】同性カップル証明書提出で携帯電話家族割適用へ

大手通信会社の「KDDI」は、これまで家族向け割り引きの対象としていなかった同性のカップルに対して、東京・渋谷区のように自治体が結婚に相当すると認める証明書があれば、携帯電話などの家族向けの割引料金を適用する方針を固めた。 “【LGBT】同性カップル証明書提出で携帯電話家族割適用へ” の続きを読む