LGBT当事者目線で「チョコレートドーナツ」を観て

前々から薦められていた映画
チョコレートドーナツを鑑賞した。

この映画の主人公はゲイのカップルと
ダウン症の男の子だ。
ということで当事者が観て何を感じるのかを
書いてみる。

映画「チョコレートドーナツ」とは?

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらも
ショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。
正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる
弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の
少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。
そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな
家庭を築き始める。
ポールがルディのために購入した録音機で
デモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。
学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。
夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。
ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、
ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。
血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い
深い愛情で結ばれる3人。
見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する
彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

出典:映画『チョコレートドーナツ』 オフィシャルサイト

 

心に残ったセリフとともに感想を。

母親が麻薬依存なのも、他の子と違うことも、
マルコが望んだわけじゃない。
なぜ これ以上苦しまなきゃならないの?
彼は何も悪くないのに。

障害を持って生まれることを誰もが望まないだろう。
健常がいいに決まっている。
オレ自身も性同一性障害として生まれて来たが
元々男性として生まれていれば、お金と身体のリスクを
背負って手術をする必要もなかった。
どう生まれるか、本人は選べないんだ。
親もまた子供は選ぶことが出来ない。
これは変えられない真実である。
でもそれだからと言って幸せに生きる権利を
奪われてしまうのはあんまりだとオレも思う。

どうやって判決をくだすつもりですか、、、
(私たち)みんなでゲイだ、ストレートだ、
人形だ、ドレスだって話をしている中で?

なんで本当の問題について話さないんですか。
この公判はマルコのためのです、今こうしてるとき、
どこかの児童養護施設で(独り)座っている彼の、
この先一生児童養護施設で過ごすことになる彼のね。
なぜなら、誰も彼のことを養子に迎えたくないから。
誰も背が低くて、太ってて、頭にハンディキャップを抱えた
子供なんて養子にしたくないから。
この世界中で誰も彼を求めていないから、私たち以外はね。
私たちは彼が欲しいんです。彼を愛してるんです。
彼の面倒を見るし、彼を教育します。彼の安全を守るし、
いい人間になるように育てます。
それこそ彼が与えられるに相応しいことじゃないんですか。
それこそすべての子供が与えられるに相応しいことじゃないんですか。

ダウン症の少年マルコの監護権について審議される中で
出てくる言葉はセクシャルのことばかり。
3人は全員家族として生きて行くことを心から望んでいるのに
マイノリティを理由として引き離そうとする。
そこに「愛」があるのにだ。
マイノリティだからという理由だけで、監護権を認めない。

結果マルコは3日間彼らを探し続け死んでしまう。

これは今から35年位前のアメリカを舞台にしたもの
だから、今は当時より差別も偏見も少なくなっている
と思う。

改めて、「健常者」「障害者」
「マイノリティ」「マジョリティ」
「男」「女」「黒人」「白人」などあらゆる差別や
偏見をオレの中では無くして行こうと思った。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。