LGBTのカミングアウト~実録カミングアウト体験談~

みなさまおはようございます!大川です!今回は「LGBTのカミングアウト」についてオレ体験談を交えながら書かせてもらいます。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

 

カミングアウトしたらどうなる?

LGBTの当事者にとってカミングアウトとは、かなり悩んだり苦しんだりする事ではないでしょうか?

今の時代、理解者も増え、偏見も減少してきてるとは言えやはり、まだまだダークなイメージに思われがちでカミングアウトするのが怖かったり不安だったりする方がほとんどだと思います。

家族にカミングアウトしたらどうなるんだろう?

友達にカミングアウトしたらどうなるんだろう?

同僚にカミングアウトしたらどうなるんだろう?

会社にカミングアウトしたらどうなるんだろう?

オレもカミングアウトする前はこんな事が頭の中をグルグル回ってました。やっぱり怖かったです。

でもオレは元々の性格が、超面倒くさがりやだし超オープンな感じだったから隠すのが面倒になって一気にカミングアウトしました。

カミングアウトを決意した理由。

それは「別にオレは悪いことしてる訳じゃないし、誰かに迷惑を掛けている訳でもない。だから自分に自信持っていいんだ」って考え始めたからです。

「カミングアウトせずに自分を偽って生きて行く」のと「カミングアウトして誰かに見捨てられるかも」とを天秤にかけた時に、「誰かに見捨てられてもしょうがない。」と思えたんです。だってオレはオレですもん。

LGBT当事者だってことは紛れもない事実で・・・

自分らしく生きられない人生を一生送るなんてマジで意味ないと思ったからです。カミングアウトして思った事があります。「カミングアウトしても結構大丈夫じゃん」って事。自分自身がLGBT当事者であることをちゃんとを受け入れ、自分に自信を持ってカミングアウトすれば、案外すんなり受け入れてくれるものです。

カミングアウトされた人の心の中までは見えませんがあからさまに嫌な態度を取られる事はありませんでした。時にはあからさまに態度で示されることもあるでしょう。でもそれは仕方のないことなんです。

人それぞれ「価値観」や「倫理観」は全く違う。そんな中で万人に受け入れてもらおうとするのはある意味、相手に自分の意見を押し付けるって行為に成りかねませんからね。オレの場合はラッキーだったのかもしれませんが。

自分自身で受け止めてあげれてなければ相手にも分かってもらえません。

例え話ですが自社製品を営業している営業マンだと想像してみてください。
自社商品はもちろん「アナタ自身」です。自社商品に絶対的な自信がなければ自社商品(自分自身)のことをちゃんと胸張ってオススメできますか?
もし今現在できて居ない方はまずは自分自身がLGBT当事者であるとしっかり受け入れてあげましょう。

 

堂々とカミングアウトしてしまえば

何とかなるんです。どうしても受け入れてもらえなかったらその人が例え家族や親友であっても距離を置いたほうがいいとオレは思います。後の事なんて、その時になって考えればいいんですよ!

カミングアウトしたからって死にませんから。カミングアウトを受け入れてもらえなくても自分自信がちゃんと認めてあげてれば道はちゃんと拓けてきます。もし迷っている方がいるのならば勇気を出して一歩踏み出して欲しいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。