LGBTとは?人の数だけセクシャリティがある!

スポンサーリンク

今回は日本における「セクシャルマイノリティとは?」ついて書いて行きます。何となく聞いたことがある人は多いけど詳細を全く知らない人がほとんどなので改めて。

セクシャルマイノリティって何?

セクシャルマイノリティとは日本語で言うと

「性的少数者」という。

最近では「セクマイ」とか「マイノリティ」ということも多い。

一般的によく言われる「LGBT」の4種類だけでなく

もっと多くのカテゴリーに分けられている。

一部の国のフェイスブックでは実に50種類以上の中から

自分のセクシャリティを選べるようにもなっている。

それぞれ顔や性格も違うように

セクシャリティにおいても人の数だけあるとも言える。

今回は代表的なセクシャルティをひとつずつ

説明して行こう。

LGBTの詳細

・LGBTの「L」と表されるセクシャル

 女性同性愛者のことをレズビアンと呼ぶ。

日本では「レズ」や「ビアン」という略語がよく使われている。

・LGBTの「G」と表されるセクシャル

 男性同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。

日本では「ホモ」という言葉で変えられることも多い。

・LGBTの「B」と表されるセクシャル

男性と女性いずれの性に対しても恋愛感情を抱く人をバイセクシャルと呼ぶ。

日本では「バイ」という略語がよく使われている。

・LGBTの「T」と表されるセクシャル

身体の性別と心の性別が一致しない人をトランスと呼ぶ。

トランスの中で性別適合手術までは望まない人

トランスジェンダーと呼び

性別適合手術まで望む人

トランスセクシャルと呼ぶ。

その中でも

・身体の性別が男性で心の性別が女性の人をMTF(Male-to-Female)と呼ぶ。

「オカマ」や「ニューハーフ」と呼ばれることもある。

・ 身体の性別が女性で心の性別が男性の人をFTM(Female-to-Male)と呼ぶ。

「オナベ」と呼ばれることもある。

その他のセクシャルの一部

上記LGBT以外にも様々なセクシャルが存在する。

・他者への性的衝動を持たず、かつ他者に恋愛感情を抱かない人を無性愛(asexuality)と呼ぶ。

日本では「Aセク」と呼ばれることが多い。

女性男性性別のいずれでもないという性別の立場をとる人または

 性別を男や女に限定したくない、できないと感じている人々をXジェンダー(X-gender)と呼ぶ。

・男性、女性の2分法に基づいた性の分類に適合しない人も含め

あらゆる人々に恋をしたり性的願望を抱いたりする人を全性愛(Pansexual)と呼ぶ。

オムニセクシュアル (Ominisexual) とも呼ばれることも呼ばれる。

日本では「パンセク」と呼ばれることが多い。

バイセクシャルと混同されがちだが、

 性別に囚われず特定の人間に恋することが出来る者を

意味することもある。彼等の中には、社会的であれ、

生物学的であれ性というものは意味の無いものであると考える人々もいる。

他者に対しての恋愛感情は有り得ても、恒常的に性的欲求を持たず性的行為を望まない人を非性愛(ノンセクシャル)と呼ぶ。

日本では「ノンセク」と呼ばれることが多い。

他者に対して性的な関心・欲求を抱かないを無性愛(asexuality)と混同

されがちだが、非性愛者は恋愛感情はあるのが違いである。

半陰陽(インターセクシャル)とは?

セクシャルマイノリティの一部として勘違いされがちな先天性疾患

半陰陽(インターセックス)がある。「IS」と呼ばれることもある。

医学的には性分化疾患(DSD)とされている。

先天的に身体上の性別が不明瞭で、男女両方の特徴を持つ、

あるいはどちらかに分化していない人。

「真性半陰陽 (true hermaphroditism)」とは、卵巣精巣の両方を持ち、

卵巣と精巣のいずれが優勢かによって男性女性の特徴を併せもった構造を呈した状態を指す。

「男性仮性半陰陽 (male-pseudohermaphroditism)」は、性器は精巣であるが、

外性器が女性器、もしくは区別のつきにくい状態を指す。

「女性仮性半陰陽 (female-pseudohermaphroditism)」は、卵巣と正常な女性内性器を持つが、

外性器形成異常がある状態を指す。

出生直後に外見上の性別が不明瞭である場合、出生届等で

性別留保という手続きをすれば戸籍には性別は記載されない。

 

セクシャルは本当に多種多様である

上記でも書いてきたが、セクシャルについては

性自認、性嗜好、性指向などが複雑に絡み合って

当事者のセクシャリティとなっているので、

人の数だけセクシャリティがあって当然なのかもしれない。

「日本国内の7.6%がセクシャル・マイノリティ(性的少数者)である」との調査結果が、

2015年4月23日に電通ダイバーシティ・ラボにより発表された。

13人に1人がセクシャルマイノリティとも言われる今の日本において

詳細を知らない人が大多数だという現状は当事者として

とても残念だ。

気づかないだけで自分の周りには当事者が必ず居るという認識をして欲しい。

もし、大切な友達や家族、同僚や部下や上司や生徒が当事者だったら?

もし、自分に対してカミングアウトをしてくれたら?

もし誰にも言えず、一人で苦しみ自ら命を絶ってしまったら?

よく考えて欲しいと思う。

「性同一性障害に関する記事」

「性同一性障害」その1はこちら

「性同一性障害」その2はこちら

「性同一性障害」その3はこちら

「性同一性障害」その4はこちら

治療編part1カウンセリングはこちら

治療編part2ホルモン治療はこちら

治療編part3 乳腺切除、乳房切断はこちら

治療編part4 性別適合手術(SRS)はこちら

手続き編part1 名前の変更はこちら

手続き編part2 戸籍の性別取扱い変更はこちら

手続き編part3 各種手続きこちら

性同一性障害(FTM)の恋愛はこちら

性同一性障害(FTM)の彼女、妻として生きる事はこちら

日本における「性同一性障害者」の定義と原因こちら

性同一性障害 全国の推定患者数はこちら

性同一性障害 心の病気の関係性はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。