性同一性障害FTMとの結婚は反対すべきなの?

ネットサーフィンをしていたら何かの質問サイトで、「友人が性同一性障害(FTM)の人と結婚を考えているんだけど応援していいのでしょうか?」って質問があった。
それに対しての回答が凄く偏見地味たものだったので記事にしてみようと思う。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

質問の全文は下記のようなもの

友達が性同一性障害の人と付き合っていて結婚を考えています。

私の女友達が、見た目は男性だけど性は女性という方と付き合っていて、相談を受けています。

彼の性転換手術や必要な手続きが完了したら結婚しようという話になっているそうですが、
親が悲しむと思うと話せずにいるのです。

私はこの結婚を安易に応援していいのでしょうか。

友達が幸せになれるのならいいと思っていて、友達にもそう言ってます。
でも、友達はこれでいいのかと悩んでいるし、これからいろんな壁があって傷つくことがあると思うと、応援していいのかなと迷う気持ちもあります。

みなさんならどうしますか?

まず、突っ込むところは性同一性障害(FTM)当事者の彼女さんね!

「親が悲しむと思うと話せない」

なんだそりゃ?

そもそもそういう気持ちで結婚を考えてるなんて彼に伝えていたとしたら彼は物凄く可哀想ではないかな。

ただでさえオレ達FTMは結婚に対して半ば諦めなければいけないと思う時がある。それでも結婚を考えていると言ってくれる人が居ることは凄く安心できる。でもそれが裏では友達に「親が・・・」とか言われてるのを知ったら・・・。

何もこれは性同一性障害(FTM)のカップルに限ったことではないが、恋人より親を優先するようであれば結婚を考えるのはやめておいた方がお互いの為にいいとオレは思う。

後々トラブルになるのは目に見えているからさ。

 

で、次はこの友達ね!

口では彼女に対して「幸せになれるのならそれでいいよ」って言っておきながら、ネットでは「安易に応援していいのでしょうか?」とか・・・。

本当に彼女の幸せを願っているのなら素直に彼女にここに書いたことを伝えればいい。

いかにも本人には「応援してるよ」っていい顔して裏では見ず知らずのネットユーザーに意見を求める。それってホントの友達かい?

オレは違うと思う。

 

そして最後は回答の1つ。全文は下記だ。

安易な応援は、しないほうが良いです。

性同一性障害は、生涯治る事はなく 完全な性の移行はできません。故に子供を欲しても絶対出来ません。
 
確かに手術をして 家裁に審判を仰げば 性の変更は出来 彼女とも婚姻は出来ます。
 
そのリスクは、愛があれば二人の問題です 乗り越えられるでしょうし他の手段もあるでしょうからそこまで踏み込んで言う必要はないと思います。
 
が、友人として心配をするなら 性同一性障害(GID)当事者の彼が、定職に就けていれば良いけど 就けてないなら そこを心配してあげるべきです。
 
就けてないなら 就いて少し経ってから婚姻する事を彼女に勧めた方が良いとは思います。
 

理由は、当事者の多くは、正社員として働く事をしてきてません。契約社員やパートなどで 身分を隠せる就職口を探す人はいます。

大抵GIDだと明かせば 面接で落ちます。余程根性があるか 余程認められた人か 運が良い人でないと正規職員で当事者ってパターンは少ないです。
 
戸籍さえ変えれば 大丈夫 正社員として公的な身分も明かせるから勤められると仰る方も多いのですが 女性から男性に変わる方で 結構多くは、打たれ弱い 続かない人が多いんです。
 

むしろ 男性から女性になる方は、はじめならボロボロに打たれるせいか 女ゆえなのか結構強いですね。

数年前 私の友人がFtM(女から男)の方と婚姻したのですが全然働こうとせず 最後自分は、女が嫌だったからなっただけで男というわけではないとか優しくして欲しいとか泣いて実家に帰ったという あきれた話がありました。
 
友人は強い女性でしたから後始末を全部して彼だか彼女だかの残した物を全て売りさばいて支出に当てて別れたそうですがこんなおかしい人もいます。
 

そもそも FtMがこんなに多いのは、日本だけなんです。世界から見ても日本の比率は、異常です。

MtFは三万人に一人といわれてます。FtMは10万人に一人といわれてます。
 
が現実 MtFの三倍近くFtMはいますから当事者の間でもドラマなどの影響でなんちゃってFtMがかなりいるのではと言われております。
 
本物なら良いのですがなんちゃつてですと単に女が嫌だからとか逃げパターンも多い可能性も考えられ先に例として上げた話のように女の世界を逃げて厳しい男の世界で生きれない結局逃げ出す当事者もいる可性はまだまだあると思います。
 
それを見極める意味を込めて定職に就いて数年以上は、仕事を続け所帯をもつても家族を十分養える人か確認はすべきと思いますよ。
おいおい。
 
それはちょっと偏った見方をし過ぎじゃないかい?
 
「当事者の多くは定職に就けない」
 
いやいや、オレは今でこそフリーランスの道を行っているが、2年前まではちゃんと正社員で働いてたし。性同一性障害だとカミングアウトいても採用する会社は沢山あったし
とびきり幸運の持ち主でも凄いスキルの持ち主でもない。オレの周りにも普通に会社員してる当事者だって山のようにいるし。
 
「女性から男性に変わる方で 結構多くは、打たれ弱い 続かない人が多いんです。」
 
いやそれはアンタの考えだろう。ってか人それぞれで元々男の人だってニートとか無職とか転職回数半端ないとかゴロゴロ居るでしょ?
 
最後に回答者がみた現状が書いてあったけど、それもたまたま逃げた旦那?彼氏?が悪いだけ。FTM全てがそうだと決めつけてもらっちゃ困るんですけど・・・。
 
 
確かにこの人が書いてある部分に共感できるところもある。
 
「ドラマなどの影響でなんちゃってFtMがかなりいるのでは」
 
これはめっちゃ共感。自称FTMがウヨウヨしてるよ。特にネット上ではね。で、安易に治療を始めてしまって後悔しまくるみたいな。その風潮は拭えないよね・・・。
 
でもさ、こんな弱っち~当事者ばっかりじゃないんだぜ。
 
 
あ~長くなりましたm(_ _)m
 

「あなたらしく輝いて生きるためにプロカウンセラーと二人三脚で歩む完全プライベートコンサル」好評開催中♪
詳細はここをクリック!

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。