性同一性障害(FTM)がどんなSEXをするのか赤裸々に書いてみた。

スポンサーリンク

性同一性障害(FTM)がどんなSEXをするのか赤裸々に書いてみた。非常に恥ずかしいのですがこれも重要な問題ですので。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

治療前は・・・

女の子とSEXをする時は

絶対に自分は服を脱ぎませんでした。

なぜなら、女の身体を彼女に絶対に

見られたくないからです。

だから常に服を着たままでした。

男の子として彼女を好きになったんで

女の子な部分なんて絶対に見せたくないんですよね。

彼女の立場から言えば

「裸で触れ合いたい」と思うのは

当然だろうし、彼女に言われた事が

何回もありました。

でも絶対に脱ぎませんでした。

自分を女の子として認めるような

気がして・・・

そんな風だからSEXというより

ただただ、彼女を満足させる為に

してました。

オレの場合は口と手のみで。

中には道具(要するに大人のおもちゃ)を

使うカップルも居るようです。

そこは二人で決めて行くのがBESTでしょう。

僕は彼女が満足している顔をみて

心で満たされてました。

治療後は・・・?

初めて服を脱げたのは、

胸の手術を終えた後でしたね。

今では治療により、ミニおちんちんが

誕生したので、普通にフェ〇〇オしてもらってます。

(残念ながら挿入まではできません・・・)

挿入できるほど大きく成長する人も居るそうで。

個人差が大きいのかなって思います。

オレはの場合は正常時で2cmくらいで

フル勃起で5cmくらいです。

初めて服を脱いでした時には

好きな人と裸で抱き合うって

こんなに幸せなんだなって

しみじみ感じました。

 

「あなたらしく輝いて生きるためにプロカウンセラーと二人三脚で歩む完全プライベートコンサル」好評開催中♪
詳細はここをクリック!

 

「性同一性障害に関する記事」

「性同一性障害」その1はこちら

「性同一性障害」その2はこちら

「性同一性障害」その3はこちら

「性同一性障害」その4はこちら

治療編part1カウンセリングはこちら

治療編part2ホルモン治療はこちら

治療編part3 乳腺切除、乳房切断はこちら

治療編part4 性別適合手術(SRS)はこちら

手続き編part1 名前の変更はこちら

手続き編part2 戸籍の性別取扱い変更はこちら

手続き編part3 各種手続きこちら

性同一性障害(FTM)の恋愛はこちら

性同一性障害(FTM)の彼女、妻として生きる事はこちら

日本における「性同一性障害者」の定義と原因こちら

性同一性障害 全国の推定患者数はこちら

性同一性障害 心の病気の関係性はこちら

 

大川忍によるセッション詳細はこちらから

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。