【LGBT】同性婚「賛成44%」で「反対39%」を上回る

スポンサーリンク

6月26日、米国の連邦最高裁判所は、全州で「同性婚」を合法と認める初の判断をくだした。これは多くのメディアでも取り上げられ、知っている人も多いのでないだろうか?
日本ではまだ認められていない「同性婚」について毎日新聞が今年の3月14日15日に行った全国世論調査の結果について書いて行こう。

男性同士、女性同士で結婚する「同性婚」について、賛成する人が反対する人より多かったことが、毎日新聞が14、15日に実施した全国世論調査で分かった。
賛否を明らかにしない「無回答」が17%と多いものの、「賛成」が44%で「反対」の39%を上回った。
東京都渋谷区が2日、全国で初めて同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を議会に提出するなど、同性婚の考え方が徐々に浸透する一方、調査では性別や年代で認識に差が出るなど、受け止め方は一様ではないようだ。  

「あなたは、男性同士、女性同士で結婚する同性婚に賛成ですか、反対ですか」との質問に対し、男性は38%が「賛成」、49%が「反対」と答えた。
「無回答」は13%だった。一方、女性は「賛成」が50%、「反対」は30%、「無回答」が21%だった。

同性婚に賛成する人は、女性、若年層、大都市に多く、いずれも5割に達した。「反対」は男性、高齢層、町村部に多い傾向があった。
回答者が少なかった20代を除いて年代別で見ると、「賛成」の割合は30代が61%と最も高く、年代が上がるほど低くなって、70代以上は18%。「反対」は30代、40代が同率の26%で、年代が上がるにつれて増えていき、70代以上では60%に達した。

都市規模で見ると、大都市ほど「賛成」の割合が高く、人口が少なくなるほど「反対」の割合が高かった。
最も「賛成」が多かった」のは、「政令市・東京23区」の48%。最も「反対」が多かったのは「町村部」の44%だった。

調査は3月14、15日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法で実施した。福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村の電話番号は除いた。有権者のいる1638世帯から、1018人の回答を得た。回答率は62%。【中村美奈子/デジタル報道センター】

 

この調査で分かるようにアメリカの同性婚合法の前の結果においても同性婚に賛成する人が反対する派を上回っていた。

ネットで賛成派の意見を調べてみると
「特別賛成したい理由があるというよりは、反対する理由が全くない」
「周りが祝福さえしてあげられれば、当人同士が幸せなら、性別関係ないと思うので。」
「選択の自由でしょう? 同性婚を禁止してもしなくても、同性愛者の人数は変わらないよ。 日本という国は、信教の自由はあるのに、婚姻の自由はないんだね。」
「すべてのひとに平等な選択肢が用意されるべきだから。」
「人が人を愛していることに変わりはない。」
などがあげられている。

反対派の意見としては
「子どもができない。少子化を促進してしまう」
「マイノリティにまで合わす必要ない。」
「気持ち悪いし、 子供に悪影響なのでやめて下さい」
「神は人間を、男女で結婚するようにお造りになった。同性愛は神の意志に反する」
「自由の意味を履き違えている」
などがあげられている。

賛否両論あるのは仕方のないことだが、反対派の意見があまりにも根拠のない回答が多いことにびっくりする。

同性婚と少子化についてはよく天秤にかけられることが多いが、同性婚認められてないから、異性と結婚して子供をって考えになれる人は少ないと思う。
同性婚が理由で少子化が進むのであれば、認められていない現在において少子化なのはおかしいと思わないのだろうか?
そもそも子供とは愛するパートナー同士の間で誕生し育てられるのがBESTだし、異性夫婦の間でも子供を授かれない状況にいる人達も沢山いるとだろう。

オレ自身は性同一性障害で戸籍を変更した為、異性婚として普通に結婚できた。でも自分が結婚できればそれでいいとは思わない。大切なのは本当に愛し合う同士が結ばれることだと思うからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。