【性同一性障害】体が男性当事者が女子プロレスに。これあり?

スポンサーリンク

非常に疑問に思った記事をネットで見つけた。
性同一性障害と診断された、身体は男性で心が女性(MTF)の16歳が女子プロレスに所属するって記事。これってありなのかな?

7月に性同一性障害であることをカミングアウトしたプロレスリングWAVEの練習生、朱崇花(あすか)=(16)=が団体8周年興行「HAPPY ANNIVERSARY WAVE・8~EAST~」(8月9日、後楽園ホール)でデビューすることが決定。そのPRのため5日、WAVEシングル王座に挑戦する桜花由美(36)、JWPジュニア&POP王座に挑戦する小林香萌(23)とともに東京・木場のデイリースポーツを訪れ、熱く思いを語った。

外見は男性である朱崇花は小学3年生のときに周囲との違いを感じ、自分の気持ちを抑え込むように、アマレス、柔道、剣道、日本拳法に打ち込んできた。だが、限界を感じて病院で検査を受けた結果、性同一性障害と診断され、その後、“女子プロレスラー”として生きることを決意。5月にあこがれの浜田文子の所属する団体の門をたたいた。
「相手は先輩の山縣(優)さんだけど、先輩も後輩も男も女も関係ありません。時間はかかると思いますが、リングの上で結果をだして、みなさんに理解していただけるように頑張ります。夢は世界で通用する女子レスラーです」と、日本初の性同一性障害を持つレスラーは将来を見据えていた。
身体が男性であることは競技自体に有利に働かないのか?それをOKと認めるのはなんか違うとオレは思う。
 
ん?そもそもプロレスは競技ではなくエンターテイメントショーなのか?
 
そのあたり詳しくないのでネットで調べてみた。
 
結論から言えばやらせではありません。ガチンコです。

よくヤラセだ!とか八百長だ!とか言う人がいます。本当はガチなのに、ヤラセと思われてしまう原因は
■プロレスには「受け」の美学があるからです。
簡単に説明すると、勝敗だけ追求するとプライドやUFCのような試合になります。プロレスはショーですから多少大げさなポーズやジェスチャーはご愛嬌!相手の技を受けて、耐えて、こらえる姿に観客は感動し、熱くなり、湧きます。あえて「やらせ」があるとするのであれば、この「技を逃げずに受ける!耐える!」ことがやらせであり、ショーならではのシナリオだと思います。お互いすべての技をかわし続ける試合など盛り上がるわけありません。つまりプロレスとは技を受けて→耐えて→返して→受けて→耐えて→返して→受けて→耐えて→返して…、最後まで耐えきった選手が勝つ、「シナリオがあるガチンコ」なのです。

これはガチ勝負の方の意見
 
 
エンターテインメントだと理解しています。
当然台本はあるし、流血でさえ台本に書かれています(レフェリーがかみそりで切ったりするそうです)。
あのアントニオ猪木も所謂セメントマッチは長い選手生活で数試合しかないらしいですから。

でもそれらを全部承知の上で、極限まで鍛え上げられた肉体と肉体のぶつかり合いを見せるエンターテインメントを楽しむのがプロレスだと思います。

これはエンターテイメントだと言う人の意見
 
まあ、エンターテイメントであれば身体の性別が例え男性でも女子プロレスに参加するのもありだと思う。
ただ、ガチの勝負だとしたらやはり競技では男性ホルモン剤がドーピング検査に引っかかるくらいだし、筋肉や骨格の性質上、例え心が女性であっても身体の性別で勝負するのがスポーツマンシップだとオレは思う。
 
これは一個人の意見で性同一性障害の当事者が活躍してくれるのは嬉しいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。