性同一性障害(FTM)へ。ウジウジしてるなら女のままで居ろ

スポンサーリンク

今回は批判覚悟で性同一性障害(FTM)に対して本気の喝を入れたいと思います。

これはただディスってるんではなく、オレ自身がFTM当事者としてこれから男として生きて行きたいと思っている当事者に本気で伝えたいこと。

メディアとかで取り上げられる度に、いわゆる「自称FTM」や「エセFTM」が急増しているとオレは感じている。そんな中で性同一性障害を軽く考えてる人が多すぎる。

治療を開始して、実生活に馴染めずに命を絶っていく人も後をたたない。それって安易に治療に踏み込んでしまうからなんだよね。

プチ整形くらいの感覚なのかなって思ってしまうくらいに・・・

治療したらもう二度と後戻り出来ない。ホントにそのことを理解して受け入れた上で治療に入っているのか?
治療により身体に変化が出たり、名前が変わったり、戸籍が変わったりしても自分らしく生きて行ける環境を整える努力はしているのか?

オレは35年間迷いながら、壁にぶち当たりながらも何とか男として生きて行ける環境を手に入れた。
もう身体に変化が起きても、名前が変わっても、戸籍が変わっても今の生活以下には絶対にならないという確信を持ってから治療を開始した。

実際問題、性別を変更するまでの治療の過程や変更した後も乗り越えなければならないことは沢山ある。
戸籍を変えたからってそれで終わりじゃない。

男として働いて行くこと

男として恋愛すること

男として結婚すること

などなど

男だから、女だからとかって言葉を使うのは大嫌いだし、そんなの関係ないってオレは思ってるけど現実問題はそんなにみんながみんな寛容ではないんだよ。
オレは戸籍を変更して男として人生を始めてから2年が経過しようとしているけど、乗り越えなければならない困難は山のようにあるんだよ。

ネットとかリアルでもそうだけど、最近ウジウジしてるFTMが多すぎる気がしてならない。男として生きて行きたいんだよね?マジで腹決めてんの?
カミングアウトの逆境も、治療で変わりゆく身体を、手術で命を落とすかもしれないというリスクを本気で受け入れられてるのかな?って不思議に思う。

なんでオレがここまで言うのか?

大切な人生を安易に判断した治療の為に台無しにして欲しくないと心から思ってるから。
治療して手術して戸籍を変えることだけが選択肢ではないからね。

人の数だけ選択肢があっていいし、自分が幸せを感じられたらそれが最高の選択だとオレは思うから。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。