多くの有名映画に使われる法則【ヒーローズジャーニー】とは?

先日「ファインディング・ジョー」というタイトルのDVDを購入した。

これは誰もが知っている「スター・ウォーズ」「マトリックス」「オズの魔法使い」「ロード・オブ・ザ・リング」などや

物語などに使われるほどの法則「ヒーローズジャーニー(英雄の旅)」について解説されたものである。

これはある意味、最高の成功法則なのかもしれないと感じた。

まずはYOUTUBEに公開されている映像の一部を観ていただきたい。

「人生は旅のようなもの」

この言葉はこれまで多くの方が耳にしたことがあるかも

しれません。

そして、人生のなかで、人との出会いや別れ、

引っ越しなどを通じて「人生は、確かに旅かもしれない」

と実感した経験は、

もしかしたら誰にでもあるのかもしれません。

では、「あなたは今、英雄の旅の途中にいる」と

言われたら?

きっと、多くの方がこの言葉をすんなりと受け入れる

ことができずに戸惑ってしまうのではないでしょうか? 

「私は決して英雄なんかじゃない。

  そもそも英雄の旅って何?」と。

「英雄の旅」とはその言葉の通り。

英雄たちが人生において何かを成し遂げる旅のことです。

「スター・ウォーズ」「マトリックス」「オズの魔法使い」

「ロード・オブ・ザ・リング」などの

世界中の人たちから愛される物語に登場する、主人たちの

旅が「英雄の旅」です。

彼らが、多くの困難や障害にぶつかりながらも、

自分が信じるものへと一直線に向かって行く姿に、

励まされ、勇気を貰った人も多いはずです。

でもそこで多くの人が疑問に思ってしまうのが、

「私は英雄の旅をしていない。英雄とは、世界でごくわずかの

選ばれた人たちのことだから」、ということではないでしょうか?

今、自分自身のことを、世界で唯一の尊い存在であると

自信を持って自己肯定できる人は、果たしてどれくらい

いるのでしょうか?

子供の頃、男の子ならば

「将来は世界の危機を救うヒーローになるんだ!」、

女の子ならば

「世界中の誰からも愛されるお姫様になりたい!」

そんな願いを心に描いていたことがきっとあるはずです。

そして、確かにその時は、自分が世界の誰よりも特別な

存在であると信じて疑わなかったはず。

しかし、成長の過程で学校や社会でもまれ、

自分よりも凄い人に出会い、

そして何度かの挫折を繰り返した結果、

「自分が特別である」という意識が

いつしか全くなくなっている人が多いのでは

ないでしょうか?

「人生は旅のようなもの。

  でも自分の旅は英雄の旅ではない」

これが多くの人の結論かも知れません。

でも本当にあなたは特別な存在ではないのでしょうか?

もう英雄になることは諦めてしまいましたか?

それは違います。あなたは誰かと同じでは決してない、

唯一の存在です。

『ファインディング・ジョー「英雄の法則」』は、

子供の頃に抱いていた、

「自分自身は特別だ」という自信を思い出させ、

人それぞれの人生の成功へと導く手引書なのです。

 

まず、観終わって一番最初に浮かんできたのは

「本当に今まで波乱万丈過ぎる人生を歩んで来て良かったな」

でした。

精神病でどん底まで落ち、死ぬことだけを考えて廃人のような

日々を暮らしてきたことも

性同一性障害として生まれたことも

中絶して大切なひとつの命を奪ってしまったことも

借金まみれになり自己破産したことも

本当にいい経験をさせてもらったと今なら感じます。

このひとつでも欠けてたら今のオレは存在しないから。

結局生きることを心の底では諦めきれずもがき苦しみながらも

前に進もうと思えたことが大きかったんだと感じます。

今まで38年間生きて来て何回旅をして帰還したんだろうって

思うと、オレ頑張って生きて来たなって涙が出そうになりました。

そして今もまた新しい旅の途中なんだと思うと、絶対に乗り越えて

帰還出来ると強く思いました。

だから、何があっても諦めない選択をして行こうと改めて

決意出来ました。

 

さあ。自分だけの英雄の旅ヒーローズジャーニーを始めてみよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。