人間関係に悩まないためにオススメしたい4つのこと

クライアントで人間関係で悩んで居る人が
結構多いので、悩みを減らしたり、
無くしたりするためにオススメしたい
4つのことを書いて行こうと思う。

その前の大前提として、相性が合う人、
合わない人ができるのは自然なことだと
割りきろう。価値観なんて人それぞれだ。
アナタが相手に合わせる必要なんてないし
相手もアナタに合わせる必要なんてない。
これ凄く重要。これを頭に入れた上で
下記のことをやってみてほしい。


1.人間関係がうまくいっていない人を
書き出してみる

まずは頭の中の整理から。
出来れば何で上手く行かないと感じるのか
理由も一緒に書こう。

2.その人がどんな価値感を持っているのかを知る

本人に聞くもよし、まわりに聞くもよし。
上手く行かない相手と自分の価値観の
違いを知ることで、何で上手く行かない
のがが見えてくる。

3.その人に自分はどうして欲しいのか?
それは、相手の価値観と違っているのか?
それとも似ているのか?

まずは、自分が相手に望むことを素直に
書き出してみよう。書き出したら2で
知った相手の価値観に合うのか合わない
のかを冷静に考えてみよう。
もし合わないようであればアナタの希望を
押し付けるのはNG。アナタも同じことを
されたらイヤでしょ?

4.人をジャッジしない

これはホントに多くの人がやってしまう。
もちろんオレも以前よりは減ったけど
まだまだ自分の価値観(ものさし)で人の
言葉や行動に対してジャッジしてしまう。
結局は、ここが一番の原因になるんだと
思う。アナタの価値観はアナタだけのもの
相手の価値観も相手だけのものだから。

特に意識して欲しいのは4番目。
相手を見下したような見方をしたり
相手が100%間違っていると思ったり
何があっても誰かのせいにしたりなど、
こんな思考では人間関係が上手く行かなく
なるのも当然の話になっちゃうから。

人はコントロール出来ない。
それをしようとするからイラついたり
苦しかったりするんだよね。

人はコントロールしようとしない。

 

大川忍によるセッション詳細はこちらから

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。