FTMの当事者として不便だと思ったこと思うことと解決法

スポンサーリンク

今回は「性同一性障害の当事者として不便だったこと」ついて書いて行きます。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

性同一性障害として暮らして行くには不便な事がいっぱいある。

オレが実際に不便に思っていることをあげてみよう。

・トイレで男性トイレを使うか女性トイレを使うかのか?

オレの場合は、まったく治療しない段階から

公共の場で女性トイレに入ると

「え?」みたいな顔で見られる事が多く

非常に不便だった。

治療を開始してからは

会社以外は完全に男性トイレの個室を

使用するようになった。

戸籍変更後はもちろん、会社でも

男性トイレを使用する様になった。

(この時点で女性トイレを仕様するのは

 法的な問題が出てくる場合もあるから注意を)

で、男性トイレを仕様するのはいいんだけど

陰茎形成手術を受ける、

もしくは、「FTM専用の立ちショングッツ」を

使用しなければ、もちろんだが

立ちションは出来ない。

パスグッツ販売は色々な会社が行っている。

検索上位に出てくるところであれば

ローゼス・ジャパン株式会社

top_m_outlet

Travel Porter ~japan~

Dporter めいん

オレは陰茎形成術手術の予定は全くないし

パスグッツについては持ち歩くのが面倒だし

いつのタイミングで出すのか?とか

ちゃんと尿切れるのか?とか

1回使用した後どうするのか?

が不安だったしそもその面倒臭がり屋なので

パスグッツは使用していません。

だからといってパスグッツが悪いとは全く思ってないし

むしろグッツに助けられてる当事者が居るのだから

とてもいいと思っています。

で、陰茎形成術手術もしない当事者の選択肢はひとつ。

男性トイレの個室の使用だ。

規模の大きなトイレならまだいいんだけど

コンビニや飲食店のような小規模のトイレしか

完備していない場合はトイレに入るのさへ

断念しなきゃいけない時もある。

基本的に男性トイレの個室は大きい方の

用を足す時に使われる為、

長い時間空かなかったり、空いても匂いがきつかったりで

断念したりはよくすること。

銭湯や温泉やプール問題

乳腺切除、乳房切断の前は

もちろんだが男性用のお風呂や更衣室は

使用できない。

(おっぱいがあるから普通に無理です)

だからといってホルモン治療を先に開始し

髭などが生えて来ていれば女性用も使用出来ない。

貸し切り温泉なら問題ないんだけど

やはり、共同となると・・・。

だからオレは銭湯や温泉には基本行かない。

ってか行けないのが正しいのかも。

戸籍が変わったからと言っても

身体は完全に男性になってる訳じゃないので。

 

今では「エピテーゼ」という本物の男性器に

しか見えないものも販売されていますが

めちゃくちゃ高額です。18万~23万。

(義手や義足などと同じ位精度が高い為)

株式会社NEXUSから販売されています。

※あくまでもこれは作り物で本物ではない※

img_product_standard_01

SEXタイプなるものも販売されている。

(常に下記の状態なのでご注意を)

img_product_sex_01

両用タイプもFTMエピテーゼ・パスグッズの専門店~MAGI~にて

販売されている。

これらを購入すればお風呂やプールはクリア出来る。

しかし、毎回専用接着剤で貼り付けなければ

ならないので面倒臭いし、かぶれも気になるから

オレは使用してない。

プールであれば安価な偽ペニスも販売されているので

それを水着の中に忍ばせれば行ける。

ただ、サイズ感を間違えると後悔するので

サイズは気を付けたほうがいい。

(オレは大き過ぎて違和感が半端なくてやめました(笑))

戸籍変更前は本人確認が必要な場面で中々信じてもらえない問題

これが一番不便だったと思う。

病院に行っても「ご本人様は?」と聞かれ

携帯とか保険とかの電話問い合わせで

本人確認する時は何回も「ご本人様ですか?」って

聞かれた。

その度に嫌な思いをするし

何より説明がめんどくさかった。

本当に不便だと思うことは

すごく沢山あると思う。

 

「あなたらしく輝いて生きるためにプロカウンセラーと二人三脚で歩む完全プライベートコンサル」好評開催中♪
詳細はここをクリック!

「性同一性障害に関する記事」

「性同一性障害」その1はこちら

「性同一性障害」その2はこちら

「性同一性障害」その3はこちら

「性同一性障害」その4はこちら

治療編part1カウンセリングはこちら

治療編part2ホルモン治療はこちら

治療編part3 乳腺切除、乳房切断はこちら

治療編part4 性別適合手術(SRS)はこちら

手続き編part1 名前の変更はこちら

手続き編part2 戸籍の性別取扱い変更はこちら

手続き編part3 各種手続きこちら

性同一性障害(FTM)の恋愛はこちら

性同一性障害(FTM)の彼女、妻として生きる事はこちら

日本における「性同一性障害者」の定義と原因こちら

性同一性障害 全国の推定患者数はこちら

性同一性障害 心の病気の関係性はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。