認めて欲しいと嘆くより認めさせるチカラを身につけろ!

今日は自宅にて、
LGBT新規立ちあげサイトの
取材を受けた。

その中でお話させて頂いた
一部を書いて行こうと思う。

LGBT当事者や当事者の集まりで
こんなことを耳にしたり読んだり
することがある。

「LGBTの存在を認めてくれ」
「LGBTを認めないのは差別だ」

もちろんオレも当事者として
LGBTに理解を深めてくれる社会に
なれば嬉しいと思っている。

だからこそ実名も顔出しもして
世の中に広める活動をしている。

それをした上で伝えたいことが
ある。

それは
「認めて欲しいと嘆くより
認められる人間になるための
行動をしよう」ってこと。

LGBTの権利ばかり主張するのは
世の中に対しての押し付けにしか
ならないとオレは思う。

分かってもらえなくて辛かったり
悲しかったりする思いは分かる。
当事者だから。

でもね、ノンケ(ストレート)の人にも
認める権利も認めない権利も両方
あるんだよね。
だから、認めないって人に無理矢理
認めろってのはいかがなものだろう?

もし、自分が認めることを強要
される側だったらどう思うだろう?

オレだったら嫌だね。
自分自身が選択することだから
他人にとやかく言われたくない。

そこでオレが今までやって来たのは
「認めさせる人間になる」ってこと。

まずはLGBTである自分自身を
受け入れることからスタートし
そこから自分が認めさせる人間に
なるためにはどうするかって考え
行動に移して行く。

当事者に多いのは自分すらLGBTで
あることを認めることが出来ず
自分や他人を責める。落ち込む。

「どうせLGBTだし・・・」

とか言って、自分の可能性を諦め
狭い世界で当事者同士が傷を舐め
合いながら生きてる人が非常に多い。

当事者同士のコミュニティも大切
だけど、それより大切なのは実社会で
どれだけ自分を出して行くかだと
オレは思ってる。

実社会では厳しいこと言われたり
受け入れてもらえず辛い思いを
することがあるかもしれない。
いや、あるだろう。

でも、いつまでもそこから逃げてたら
一生そのままだよ!それでいいの?

実社会ではノンケとして割りきって
生きて行くと決めているのなら、
それはそれでひとつの選択だから
いいと思う。

でも本当の自分で胸張って生きて
行きたいって思うのならば、
コミュニティにどっぷり浸からずに
どんどん実社会で勝負して行くべき
じゃないのかな?

辛いこと悲しいことがあっても
乗り越えて行ける強さを持つことだ。

どうしようもなく辛い時に帰れる
場所がコミュニティであると思う。
これはLGBTに限ったことではない。

オレは今いくつかのコミュニティに
属している。そこには何があっても
受け入れてくれる仲間がいる。
支えてくれる仲間がいる。
だからこそ実社会で失敗を恐れず
行動することが出来ている。

本来のコミュニティの在り方って
そうじゃないのかな?

アナタが今いるコミュニティは
どうだろう?
もし傷の舐め合いや甘い言葉や
他人の批判ばかりしているよう
ならば今すぐ抜けることを
オススメする。

大切なのはコミュニティで
仲良し倶楽部することでも
認められることでなく、
実社会で認めさせる人間になること。

これが一番大事じゃなかな?

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。