自分と目の前の人たった1人を笑顔にすることだけでいい件

スポンサーリンク

どうも。大川です。
 
オレはよく【笑顔】の大切さについて発信することが多いんだけど、
改めて【笑顔】のパワーって半端ないなって思ったから書いて行こうと思う。
 
オレって基本笑ってる。
 
意味もなく気付いたら笑顔だったってことも結構多い(笑)
 
批判的な人が見たら「ヘラヘラしやがって」ってくらい笑顔でいる。
 
別に意識してるわけじゃない。
自然にそうなってるだけ。
 
そんなんだから
「大川さんの笑顔に癒されました」とか
「大川さんが居るだけで空気が温かくなります」とか言われても、何のこっちゃ分からないことが多い。
 
ただ、たくさんの人が言ってくれるんだから
今はそれが自分の強みだと思えるようになったんだよね。
 

じゃ、無意識の笑顔がどこから来てるかって言えば、やっぱり「自分が大好き」だからって言うところなんじゃないかと感じる。
 
でもさ、割りと自分を大好きになることって難しいよね。
 
その気持ち凄い分かる。
 
何でかって言えばオレ自身が過去は
「全く笑えない人間だったから」
「自分を大好きとか死んでも思えなかったから。
 
自分では笑ってないなんて思ってなかったんだけど、嫁さんと出逢ったころに
嫁さんがオレに対して抱いた印象ってのが
「何でこの人は、いつも眉間にしわ寄せてんだろ?」
「何でいつも機嫌悪そうなんだろう?」
「この人笑えない人なんだな可哀想」
だったらしい(笑)
 
自分では全く気づいてなかったから、
付き合ったあとに聞いた時にはびっくりしたよね。
 
今と全く逆で、無意識に眉間にしわを寄せてたってことだよね。
 
そんな時代はたった4年ちょっと前の話で。
 
今のオレしか知らない人は信じられないと驚かれる。
 
じゃ、何で今の「無意識に笑っている状況になれたか?」って言うのを書いてみる。
 
この4年間の間にオレは何をしてきたんだろ?
 
それは「徹底的に自分を好きになること」それだけ。
 
まず最初にやったことは、性同一性障害の治療を開始したこと。
 
やっぱりこれが自分を好きになれなかった一番大きな原因だったから。
 
偏見や差別に苦しむことはなかったけど、やっぱり心の性別で生きていないことに
苛立ちだったり、何で普通に男として生まれ来れなかったんだろうって言う悲しみが
ずっとあった。
 
だからずっと男に対して「負けたくない」って虚勢張って生きてたんだよね。
 
「男なら○○であるべき」
「男なら○○するべき」
 
みたいな超絶つまんない価値観を自分に押し付けて、無理して意気がってたし、
自分より弱いとか、仕事が出来ない男を、これでもか位に見下してた。
 
「テメ~ホントにちんこ付いてんのか?」って罵声を浴びせたことも数えきれない(笑)
 
今考えたらパワハラだしセクハラだよねw
 
だけどオレはそんな形でしか自分を守れなかった。
 
だけど治療をして行き身体がどんどん男性化していって、自分に少しずつだけど
自信が出て来た。
 
今まで胸をサポーターで潰し、なるべく胸が目立たないように背中を丸めて下を向いて歩いていたのが、胸を切除する手術をしたことで、胸を張って前を向いて歩けるように
なった。
 
ホルモン治療も進みヒゲが生えてきたりもした。
そして子宮と卵巣を摘出して無事に性別を女性から男性に変えることができた。
 
それと同時に男への対抗心はどんどん薄れて行ったんだよね。
 
対抗心が無くなったことで変に虚勢を張って生きる必要がなくなり、
本来の自分のままで生きて行くことで本当に楽になった。
 
女としての人生を終えることで自分を好きになる一歩を踏み出せた感じだね。
 
それからも、色々と悩んだり、落ち込んだり、ムカついたりもいっぱいしたし
いまでも色々あるけど、そんな時はその感情をちゃんと味わい消化してる。
 
決して自分の感情を見て見ぬふりしたり、無理やり押さえつけたりしない。
とにかく自分が今、「何を感じているのか?どうしてそう感じるのか?本当はどうしたいのか?」と何回も何回も考えるようにした。
 
そうすることで【自分軸】っていうのが確立されてきたんだよね。
他人の意見に左右されることなく、自分の価値観で生きるってこと。
 
自分の価値観で生きることができるようになると、人生めっちゃ楽しくなるし
楽になるよ。
 
だって誰かの意見に振り回されることもなくなるし、他人からどう思われても
関係ないって割り切れるからね。
 
だいたい人間の悩みは自分の価値観と他人の価値観のズレから生まれるんじゃ
ないかなってオレは思ってて、そもそも自分の価値観は他人の価値観と違って
当たり前だって前提があったら、悩む必要なんてないと思う。
 
まあ人間だから悩みが全くなくなるってのは難しいかもしれないけどw
 
なんかめっちゃ長くなっちゃたけど、こんな感じでオレは笑顔で居る時間が
ものすごく増えて行ったし、それと同時にめっちゃ穏やかな人間になった。
マジで切れることとか数年に1度あるかないかだよw
 
と、ここまでが自分を笑顔にするって話で、次に「目の前のたった一人を
笑顔に」ってところ行きます。
 
これを読んでくれてる人にも大切な人って必ず居ると思う。
自分は大切な人なんて居ないって人はオレに連絡くださいw
 
それは、家族かもしれないし、友達かもしれないし、パートナーかもしれないし
尊敬する人かもしれない。
 
じゃ、ちょっとその人を頭の中で思い浮かべて欲しい。
 
浮かんだあの人は笑ってる?
 
それとも悲しい顔してる?
 
いやいや。怒ってる?
 
まあここでのイメージはあんまり関係ないんだけど、思い浮かべたあの人が
笑顔になることを普段出来てるかな?
 
別に何か特別なことじゃなくてもいい。
 
「いつもありがとう」と感謝を伝えることでも
 
「何か手伝えることは手伝うよ」って言うことでも
 
「大好きだよ」って素直な気持ちを伝えることでもいい。
 
オレが普段してるのは「自分が笑顔でいること」ってだけ。
 
そう、それだけw
 
たったそれだけって思った人。そうだよ。それが何か?
 
あのさ、知ってる?笑顔ってマジで伝染するよ♪
 
オレが笑顔でいるだけで目の前の人が笑顔になってくれるんだよ。
 
場所もお金も時間もなんもいらない。ただ笑ってるだけ。それだけ。
 
嘘みたいだけどホント。
 
オレはいつも笑ってるだけ。それだけなのに
「大川さんの笑顔に癒されました」とか
「大川さんが居るだけで空気が温かくなります」とか言ってくれる人が居る。
しかも決まって笑顔で言ってくれるのよ。
 
ねえ。笑ってるだけだよ。笑ってるだけでいいんだよ。笑ってるだけで目の前の人が
笑顔になっちゃううだよ。
 
別にこれはオレだからできるとかって全くなくて誰にでもできること。
オレも目の前の人の笑顔で笑顔になれるから。
 
ね、笑顔って伝染してるでしょ?
 
無理やり笑顔をつくる必要は全くないけど、自分の笑顔には人を笑顔にする
すげーパワーがあるってことを忘れないで欲しいよ。
 
あ~めっちゃ長くなってもうた。
でもってまとまりがない。でもそれでもヨシw
 
大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。