将来のリスクを恐れて今を生きないなんてもったいない!

先日、精神安定剤や抗うつ薬や睡眠薬に

ついての投稿をしたんだけど

それに対してまた色々思考を掘り下げて

みた。

結論は飲むか飲まないかは本人が

ちゃんと考えて、より自分に

ストレスがかからない選択をするのが

身体にとっても心にとってもいいんじゃ

ないかなってこと。

 

薬を悪いものだと思いながら無理して

飲み続けたところで効果が現れるどころか、良くない方向に行ってしまうことが

あるかもしれない。

 

反対に薬は今の自分にとって必要だと

感じているのに、周りの意見に逆らえず

無理して飲まない選択をしてしまえば

良くない方向に行ってしまうことが

あるかもしれない。

 

1番いいのは、薬が必要だと思って

いるなら、薬に頼ってもいいし

薬が害だと思っているならば頼らない

選択をすればいい。

 

とにかくヤバいのは自分の感情を

押さえて選択をするってこと。

 

これは薬に限った話ではない。

お酒やタバコなども同じだと思う。

 

例えば、オレはお酒を全く飲まない

(飲めない)から、お酒を毎日飲む嫁さんに対して「お酒を控えたら?」と

付き合った当初から言い続けて来たが、控えることはまずない。

控える必要性を感じていないからだと思う。

むしろお酒を飲むことで得られる

リラックス感や解放感によりストレスを

軽減しているので、彼女にとっては

必要なものなんだと思う。

これを無理矢理にやめさせようとすれば

ストレスを上塗りしてしまうことで

心身とも病んで行ってしまうかもしれない。

 

例えばオレはヘビースモーカーだけど

タバコを吸うことで、リラックス

出来るし、考えごとをする時には

落ち着いて深く考えることが出来る。

だからやめる必要を感じられない。

むしろ、やめることで感じるストレス

のほうがよっぽど身体や心に悪いと

思う。

だからタバコを無理してやめようと

思わない。

 

お酒やタバコにより将来的にリスクに

なることもあるかもしれないけど

それは今現在では分からない。

 

実際、お酒を凄い飲んでても

長生きする人はするし、

タバコを吸って居る人も長生きする人は

長生きするわけで。

 

将来のことなんて誰にも分からない。

だったら今の感情を大切にする人生に

したいとオレは思うんだよね。

 

毎日、分かりもしない将来のリスク

ばっかり考えて生きて行くなんて

面白くも何ともないから。

 

だったらリスクなんて考えずに

今この瞬間が楽しければそれで

いいんじゃないかと思う。

 

あくまでもこれはオレの考え方。

誰かに押し付けるつもりはない。

 

ただ、不安や恐れに怯える毎日だけは

送って欲しくないと心から思う。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。