カウンセリング実例~恋愛、仕事に悩む若者~

スポンサーリンク

今回もクライアントさんに了承を得ましたのでカウンセリングセッション内容をシェアさせて頂きますね。

クライアントは20代後半(男性)会社員。

■現在抱えている問題を洗い出してみた。

①恋愛や人間関係が上手く行かない。

・今まで彼女がいた事がない。

・出逢いが欲しい

・彼女が居なかったことがコンプレックスで

・女の子と話すのが得意じゃない。

・気に入った子がいてもアプローチできない。

・人に本音を離せない

・周りの目や意見が気になる

・ゴールは『彼女ができること』


②仕事のこと

・仕事は嫌いじゃないしそこそこの給料は貰っているから強い不満や今すぐ辞めたいとは思わないが責任が大きくなって来て辛い

・いずれは独立して自分でビジネスを展開して行きたい。ビジネスの勉強を始めたばかりでまだ結果が出ていない。


■現在悩みに解消の為に行動していること

①恋愛に関して

・某大手有料出逢いサイトに登録

・自分の体験した事のないことにチャレンジする場に参加している。

・恋愛商材を買った。

②仕事に関して

・独立して会社から開放される為にビジネスを学び始めた。情報商材、メルマガ、本、セミナーなど。

■大川忍が思う問題点

・まずは、自分に全く自信がない。それが、表情や声に出てしまっている。

・不安や恐怖に支配され中々アクションを起こせない。

・情報を入れすぎて頭でっかちになってしまっている。

■話合って出した改善案

・まずは、不安や恐怖から解放される為に何かひとつの事で結果を出してみる。

 例えば、ビジネスであれば目標を決めてその目標を達成するように計画性を持って動く。

・恋愛に関しては、サイトに登録しているので1日1人にはメッセージを送ってアプローチすることに慣れる。

・人が沢山集まる場所に積極的に顔を出し本音で話せる人を見つける。できれば女の子であればBEST。

・『彼女』ができることをゴールにしない。付き合うとは自分一人の気持ちではどうにもならないことがあるから。

shutterstock_183147242 (1)

■カウンセリングを終えて

・最初は自信がなさそうに目を合わせる回数が少なかったが、後半では目をみて話せるようになってきた。

・とにかく改善案で出たことをやって行くという、強い意思を感じられた。

今日、二人で出し合った改善策を一歩ずつ焦らず、確実にやって行けば自信と結果はついてくるだろう。帰り際には笑顔で握手をして別れた。

今後も見守って行こうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。