ミニマリズム?解放と自由を手に入れるツール?読んでみた2

スポンサーリンク

「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」って本の

感想をシェアしていこうと思う。第2弾。

第1弾⇒ミニマリズム?解放と自由を手に入れるツール?読んでみた1

「minimalism」とは?

大事なものは、そんなにない。

最小限しか持たずに

最大限に豊かな暮らしをする生き方

今のままで本当にいいの? 最小限しか持たずに最大限に豊かな暮らしをするための21世紀の幸福論。

コメントいただきました。
「イケメン2人がステレオタイプな成功を捨て去り、ミニマリスト的成功を手にする鼻持ちならない本として読むか、
変化と成長、そして貢献を軸とする新しい生き方の指南書として読むか、実はあなた次第。
読む側の覚悟が問われる、けっこうハードな本です。」
――――江口宏志氏(ブックショップ「UTRECHT」代表、『ない世界』著者)推薦

ジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・ニコデマスの30歳男性2人組「ザ・ミニマリスト」。
本書は、都会で暮らしながら、消費や物欲の生き方に別れを告げて、より充足した人生に変えていくための小さなきっかけとちょっとした見方の変え方のヒントをこの「ザ・ミニマリスト」が紹介し、ライフスタイルを提案する本です。

著者二人は、広い家、最新の暮らし、会社での昇進と高い年収を得て、誰もがうらやむ成功を一度はおさめた「勝ち組」。
しかし時間や人間関係に追い立てられてふと立ち止まってみたときに行き詰まりを感じ、
その時にどう生き直すか、という視点で、読者に寄り添いながら、現代的なリアリティを重視して書かれています。

都市生活者が、シンプルな生活に価値を再発見すること。
物質的に満たされても精神的に本当に豊かに生きることとは同義ではないことに気づき始める時に、
単に「原点回帰」「断捨離」ということではなく、無理をしない・背伸びしないで、
都市生活者にリアリティのある現在的な、自分らしいシンプルライフを考えるための生き方のヒントと、
その「ミニマリズム」という生き方のエッセンスを凝縮させることを目指した1冊です。

出典:Amazon

今回心に残った文章は下記。

①ぼくら人間には欠陥があり
不完全で誤った判断を下し
葛藤した人生を送るものだ。

人それぞれ違うとはいえ
ある意味、誰もが同じであり
同じであることに繋がりを
感じるものだ。

②他者に報いるというのは
お金とはまったく関係ないもの
であり、また、人生の中で行うことが
できる行動の中でも特に大切な
もののひとつだ。

正当に報いることがどうして
大切なのか?
実は正当に報いることこそが
他者からの信頼を得られる
唯一の方法だからだ。
他人から一人の人間として
信じてもらえる方法の一つ
と言うこともできるだろう。

中略

重要なのは本気で報いること。
下心は一切持たずに、心から
純粋に、役に立つことだけを
考え、また気取ったりもすること
なくやることが大切だ。

③自分のパッションを追求するために
自分のミッションを追求するために
会社を辞めた。

④確かに僕はクレイジーかも
しれない。いいよ、僕を
クレイジーと呼んでくれ。
もっと有意義な人生を送ることが
クレイジーなら、僕は間違いなく
徹底的にクレイジーだ。

う~ん。かなり共感できる内容過ぎて
読んでて楽しくなったね。
同時に自分がやって来たこと、
今やっていることが間違いじゃないって
また確信が大きくなった。

カッコつけて弱い自分や汚い自分を見せず
表面上だけの人は人とは繋がれない。
繋がれたとしても表面上だけじゃないかな?

また、他者に正当に報いる、ギブすることが出来ない人には
人は集まらない。
一時的に集まってきてもやがて離れて行く。
また、ギブが本気ではなく上辺だけだったり
裏ではテイクを求める思考であれば
それは必ず見透かされる。
だから人が集まらないし離れて行く。

そんな場面をそこら中で見かけるね。
寂しいよねなんかさ・・・

オレは今、自分のパッションとミッションによって
毎日を過ごしている。
会社を辞めたのは嫁さんとの交際がバレたから
だけど(笑)
でもずっといつか自分で何かやって行こうって
思ってたから今は毎日充実している。
楽しいことばかりじゃないけど、それは当たり前で。
だからってサラリーマンが悪いとかではない。
だってサラリーマンを本気で楽しんでいる人だって
少なからず居ると思うからさ。

オレもよく「大丈夫?」とか「この先どうするの?」とか
色んな人に聞かれるけど、オレはオレの心に正直に
生きるだけ。

クレイジー???

うん。クレイジーです(笑)

ってことで第2弾でも書ききれなかったので
続きは第3弾へ続く・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。