「やる気ホルモン」がある? それって何?どうしたら出る?

やる気は心の問題だと思う人が
多いんじゃないだろうか?
オレも全部とは言わないけど
原因のほとんどが心の問題だと
思っていた。

それがどうやらそうでもないらしいので
シェアしたいと思う。
やる気については悩んで居る人が多いと
思うし、オレも時々やる気が出なくて
どうしようもない日があるから。

実は、脳には「やる気」を起こさせる「やる気ホルモン」という、物質が出ていることが分かっています。

その正体は
甲状腺刺激放出ホルモン=TRH。
このホルモンを100万分の1グラム程度でも動物の脳の中に注射すると、その動物はいきなり元気になる。

しかし人間の脳に打つことは出来ない
ので、やる気ホルモンを作り出せる
方法があるらしい。

なにそれ?
知りたい!
みなさんも知りたいでしょ?

はい。続き書きます!

「やる気ホルモン」を出す3つの方法

(1)実行しなければならないことを好きになる
(2)それによって報酬を得られるようにする
(3)何も考えずにはじめてしまう

これは聞いたことあるな。

はい次!

ヤル気と快感はどこかで繋がっている

出典ヤル気を起こす快感ホルモンの謎

仕事とか勉強は一筋で恋人や遊びなどなんて言う状態より、仕事も恋も遊びもとか、勉強も恋も遊びもというような二刀流の方が、本当は能力が出易くなる。

そう言えば最近メンターのメルマガで
こんなことが書かれてたな。

「恋愛がヘボいヤツ」

は、ビジネスもヘボい

ちゃんとそこに向き合って、恋愛が上手く
いってる人や確立してる人っていうのは、
やっぱりビジネスも上手なんだよね。

多くの人は

「恋愛とビジネスは関係ない」
「恋愛と人生って関係ない」

と思ってるかもしれないけど、
実は全くそんなことはないので。

「恋愛とビジネス」
「恋愛と仕事」
「恋愛と人間関係」
「恋愛と健康」
「恋愛と自由」

っていうのは、実を言うと
密接に関係してるわけだよ。

これは勘違いしてほしくないんだが、
「恋愛をするからよくなる」
って意味じゃない。

うまくいってる人っていうのは、
恋愛も上手くいってる人だということ。

いまいち理解出来なかったけど
要するに恋愛が上手く行っていることで
脳が快感を得ているから他のことに
対しても意欲的に取り組めるわけだ。
意欲的に取り組めるから上手く行く
ようになるってことだね。

次!

ヤル気は、目的を果たすためのエネルギーです。 そして、有限のエネルギーでもあります。

出典今年最後にマスターしておきたい!【書評】一瞬で「やる気」がでる…

そのため、脳は結果が見込めることにしかエネルギーを使おうとしません。したがって、困難極まりないことを前にすると、その貴重なエネルギーを使うのに躊躇します。
これを回避するためには、距離が小さい目標を少しづつクリアして、ステップアップしていくことで、ヤル気を出すことができます。
大きい目標も大事ですが、ヤル気にとっては、結果が見込める小さい目標が大事ということです。

あ。これもメンターが講演会で言ってた
ことと、かなりリンクする。

「大きな円を描こうとしても上手く
書けない。まずは自分に描ける小さな
円を丁寧に描いて行こう。
それがだんだん大きくなって行くから。
小さな円を描けない人は大きな円を
描けるわけがない。」

あ~。超腑に落ちた。

「夢は大きく」
これも大事なことかもしれないけど
まずは、細かい目標を達成することで
やる気ホルモンをどんどん出して
行くことで、いいサイクルが出来る
んだろうな。

あ~スッキリした(*≧∀≦*)

ぜひ参考にして欲しい。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。