オネェタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を行う予定

オネェタレントのKABA.ちゃんが海外で性別適合手術(SRS)を受ける予定であることを明らかにした。昨年、睾丸摘出手術を行い、現在はホルモン治療を受けているKABA.ちゃんは、男性から女性への戸籍変更を目指しているという。

昨年、睾丸摘出手術を行い、現在はホルモン治療を受けているKABA.ちゃんは、男性から女性への戸籍変更を目指している。
身体が男性で心が女性の人をMTFと言い、身体が女性で心が男性の人をFTMと言う。なのでKABA.ちゃんはMTFに分類される。性同一性障害をGIDと言うこともある。

戸籍の性別変更をする為の法律上の条件とは?

1、性同一性障害と診断されていること

2、20歳以上であること

3、現に婚姻をしていないこと

4、現に未成年の子がいないこと

5、生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること

6、その身体について他の性別の性器に係る部分に近似する外観を備えていること

 

戸籍の変更条件の内、性別適合手術に関係する部分を確認しておきましょう。

・生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
男性の場合は睾丸を摘出し、ホルモンの分泌や生殖能力を欠いていることが条件となります。女性の場合は卵巣・子宮を摘出し、同様にホルモンの分泌や生殖能力を欠いていることが条件となります。

・その身体について他の性別の性器に係る部分に近似する外観を備えていること
男性が戸籍を女性に変更した場合、無理なく社会生活を送れるように女性としての身体的な特徴を備えていることが求められます。例えば、女性として生活するとき、男性的特徴を有したままだったとしたら公衆浴場などでトラブルが生じるでしょう。そのため性器の外観についても医師が診察し、診断書に記載します。

これらの条件を満たすには性別適合手術が必要になります。戸籍上の性別変更は性別適合手術を前提としているといえます。

 

すでに睾丸の摘出が終わっているKABA.ちゃんは今回はおそらく陰茎切除術、造腟術を行うんではないだろうか?何はともあれ無事に手術が成功することを祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。