自己愛とナルシストは違う。ナルシストに見られる10の特徴

スポンサーリンク

自分を愛することと、ナルシストは時に同じにされがちだが、実は、自己愛が欠如していて自尊心が低い人がナルシストに陥りやすい傾向にある。
今回はナルシストに見られる10の特徴を紹介して行こう。

 

1、自分のことを過大評価し、優位に立とうと必死になる。

2、極端な成功、権力、美しさ、完璧な恋愛などの幻想に酔いしれ現実が見えない。

3、地位の高い人達に近づいて自分の世間体をよくしようとする。

4、絶えず、他人の称賛を得ようとする。

5、根拠もなく特別待遇を求める。

6、いつも自分が一番でないと気が済まない。

7、相手の立場に立って考えることができず、自己中心的である。

8、自分より優れた人をみると、強烈な嫉妬を感じる。

9、上から目線で人を見下したような態度をとる。

10、自分の目的を達成する為には他人を利用することを躊躇しない。

 

以上10点がナルシストに見られる特徴だがアナタはいくつ当てはまっただろうか?

ナルシストと言われる人達は自分の劣等感を覆い隠す為に上辺だけを良く見せようとする。残念ながらナルシストは愛に飢えている。一見は自分のことが大好きで自尊心が高いと思われがちだが、実は心の中では「自分は無価値だ」と感じている。

ナルシストはやがて自己中心的な言動によって人が離れていき孤立する。ナルシストと一緒に居たいという人が少ないから。

ではどうやってナルシストから抜け出したらいいのか?ずばり「自分としっかりと向き合うこと」である。
自分と向き合う過程では自分は無価値だという恐怖と戦わなければならないが、逃げずに向き合っていけば、その過程でだんだんと恐怖心を乗り越えることができるようになってくる。

自分と向き合い等身大の自分を受け入れることで恐怖心は消え、利己的な方法で自分の欲求を満たしてはいけないということに気づき、他の人に対して敬意を持つことができるようになり、自分と意見が違っても腹を立てずに落ち着いて対応できるようになってくる。
誰かと比べて自分が劣っている部分があっても、素直に受け入れることができるようになってくる。そうすると必然的に人間関係は良い方向に向かって行く。

自分がナルシストかもと思った人。ぜひ、自分と向き合い等身大の自分を受け入れ自分を愛して欲しい。そう心から思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。