隣の芝生は青く見え続けるから見ないようにしよう。

今日とある人からこんな言葉を言われた。

「お~ちゃん(オレのあだ名)はキラキラ
してて羨ましいよ。ちゃんと自分の夢に
向かって着実に進んでるのに私は何が
やりたいか分からない状態でさ、ホント
何やってんだかね・・・」

まずはキラキラしてるって感じてくれてる
ことには感謝だね。ホントありがたい。
やっぱり高く評価してもらうとテンション
上がるよね!

でもね、この子はオレを評価してくれると
同時に「私は何やってんだか」って自分を
責めてるわけさ。

せっかく嬉しいことを言ってくれたのに
それ聞くと切なくなっちゃうよね。
自分も評価してあげようよってさ。

オレと自分を比べる必要なんてないし
オレだってキラキラばっかりしてなくて
凹むときもあるし、ムカつくこともある。
そりゃそうだ。人間だもの(笑)

で、頻繁に逢ったり話したりするわけじゃ
ないから、毎日更新してるFacebookや
ブログを読んでて思ったんだってさ。

だから電話で散々ぐちってダークな部分を
見せといたから分かってもらえたかな?

ホントに誰かと自分を比べるのって
無意味なんだよね。

オレも少し前までは超負けず嫌いだし
白黒はっきりさせなきゃ気が済まない
やつだったから、常に誰かと自分を比べて
勝った負けたって一喜一憂してたんだけど
マジでそんな生き方しんどいよね。

やめちゃえやめちゃえ~。

オレはオレ。
アナタはアナタ。

オンリーワンですから!

あと、SNSは基本いいとこばっかり
投稿する人が多いから、そこと比べるのは
ナンセンスでっせ!

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。