【まとめ】パニック障害の発症、症状、治療方法について

スポンサーリンク

今回はパニック障害の発症、症状、原因について書いて行きます。

パニック障害の発症

パニック障害では、思いがけないときに突然、動悸や息切れ、強い不安を伴うパニック発作が生じます。
オレの場合は仕事から帰る車中で発症しました。その時に出た症状は・・・

・貧血のようなふわふわした感じになる

・貧血がひどくなり、目が回り意識が遠のく感じがした

・冷や汗が一気に吹き出した

・手足の感覚がマヒしていく感じ

こんな感じでした。
とにかく「このまま死んでしまう」んだろうと真剣に思った瞬間だった。

パニック障害の代表的な症状

心臓系の症状

・心臓がドキドキする(動悸、心拍数の増加)

・息切れや息苦しさ

・息切れや息苦しさ・喉に何かつまったような窒息感

胸・おなかの症状

・胸の痛みや不快感

・吐き気やおなかのあたりの不快感

全身的な症状

・からだの一部のジンジン、ビリビリとしびれるような感じ

・発汗・からだの震え

・寒気または熱っぽい感じ

感覚の異常

・めまいやふらつき感、気が遠くなるような感じ

・今、起こっていることが現実ではないような感じ、自分が自分でない感じ(離人症状)

不安・おそれ

・コントロールを失う

・気が狂ってしまうのではないかという恐れ

・このまま死んでしまうのではないかという恐れ

突然、激しい不安と動悸や息切れなどのさまざまなからだの症状が、何回も繰り返しあらわれます。

発作が生じると、「このまま死んでしまうかもしれない」と不安になることが多いのですが、実際にはパニック発作で死ぬことはなく、10分程度で激しい症状はおさまります。

パニック発作と併発しやすいもの

・予期不安

パニック発作を繰り返しているうちに、「また発作が起きるのではないか」という強い不安(予期不安)をいつも感じるようになります。予期不安は毎日の生活の大きな妨げになります
オレはこの予期不安に相当長い間、苦しめられました。


・広場恐怖

パニック発作を経験すると、以前に発作を経験した状況が怖くなってしまいます(広場恐怖。広場恐怖を感じると、それらの状況を避けるようになってしまいますので(回避行動)、生活の行動範囲が狭くなり、毎日の生活が妨げられてしまいますオレはこの症状は全くありませんでした。

・うつ病、うつ状態

パニック障害が発症して長びくと、うつ病やうつ状態を併発することがよくあります。これはパニック障害の患者さんが心身の不調を気に病んで落ち込みうつ状態になりやすいという

だけではなく、うつ病もパニック障害と同じように、脳内セロトニンの働きの低下が関係しているからです。

うつ病では、「食欲がない」「眠れない」「楽しくない」「自分には価値がない」「憂うつで気分が沈む」などの症状があらわれます。

上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合には、医師または薬剤師にご相談ください。こいつには5年くらい苦しめられました。



治療の流れ

・まずは薬で発作を抑える治療
飲み始めに、吐き気や下痢などの副作用があらわれることがありますが、多くの場合は1 ~ 2週間程度で自然におさまります。

・回避行動の解消
パニック発作がコントロールされると、予期不安や広場恐怖も自然と減ってきます。
しかし、パニック発作がおさまっても予期不安や広場恐怖、回避行動が残ることがしばしばあります。そのような場合は、予期不安や広場恐怖の克服と回避行動を解消するための治療を行います認知治療や行動両方が使われるのが主流です。

パニック障害の方への接し方

・一緒に治療に取り組んであげてください

・<普通>に接してあげてください

・安心させてあげてください

・発作が起きたら、落ち着いて

対応してあげてください

・外出の際には付き添ってあげてください

・うつ病の併発に注意してあげてください

・ネガティブなことは言わないであげてください

・無理に外へ連れ出さないでください

まとめ

パニック障害はある日突然発症します。本人は「死」への恐怖を強烈に持ちます。体に出る症状は人それぞれです。パニック障害からうつ病を併発することがあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。