「人に応援されるチカラ」「人を応援するチカラ」は比例する

スポンサーリンク

今日は仲間の初セミナーにスタッフ
として参加して来た。

彼女との出逢いは1年前の研修だった。
あの頃は、こんな日が来るなんて
思ってもみなかったな。

あ。
期待してなかったとかじゃなくね(笑)

で、今回話したいのは
「人に応援されるチカラ」と
「人を応援するチカラ」っていうのは
正比例するなって感じたこと。

普段から人の応援を進んで出来る人
人に貢献している人はもちろん信頼が
大きくなって行くよね!
だから、その人が何かやるってなったら
自分に出来ることはしてあげたいって
思いが自然に湧きあがってくるんだよね。

人に与える人は与えられる。
人に与えない人は与えられない。

決してギブ&テイクを推奨してるのでは
なくて、むしろギブ&テイク思考の人は
ギブされる機会がどんどん減って行くと
思う。

だってさ、いつでも見返りを求める
わけだから。見返りがなければ
与えることができないのだから。

反対に見返りを求めずに純粋に
相手の為になりたいって与える人は
なぜかどんどん人から与えられるように
なって行く。

「ギブ ギブ ギブ」ってやつだ。

オレは最初にこの言葉を聞いた時は
正直アホくさって感じてた。
それは「ギブ&テイク」が当たり前
だと思い込んでいたから。
ひたすらギブしまくるなんて損する
だけじゃんって思っていたから。

でもそれは全く違ったんだよね。
結局ギブしまくる人が誰かからの
ギブを受けられる人なんだよね。

思い込みって恐ろしい・・・

もしアナタが今、誰からも応援して
もらえないと感じることがあるならば
それはアナタが誰かに対して与えて
あげることが出来ていないってこと。

だから応援されないとムカついたり
悲観するよりも、まずは誰かに何かを
与えること、誰かを全力で応援する
ことを徹底してみよう。

いずれ必ず自分が応援してもらう番が
回ってくるから。

間違いない。

 

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。