結果を出す人が必ずやっているたった1つのこととは?

スポンサーリンク

成功を手に入れたり、結果を出す人って
成功出来なかったり、結果が出せない人と
どこが違うんだろう?
こんなことを思ったことはないだろうか?

オレはある‼

成功者や結果を出す人も色んな人が居る。

人に恵まれて居る人
環境に恵まれて居る人
金銭的に恵まれて居る人
身体的に恵まれて居る人
やたらと運の強い人

などなど

色々な要素が挙げられる。

じゃあ上に挙げたように恵まれた人しか
成功出来ないのか?結果を出せないのか?

答えは、もちろんNOだよね。

歴史に名を残すような偉人でも
家が貧乏で学校に行けなかったとか
身体が弱くて病気がちだったとか
友達が居なかったりとか
不運に翻弄されてきたとか
そんな話はたくさんある。

じゃあ、成功や結果を出す人全てに
共通していることは・・・

ずばり
「人の見て居ないところで狂ったように
行動している」ってこと。

例えばプロ野球で結果を出す人間は
毎日狂ったように素振りに明け暮れた
経験があるだろうし、
学者で成功や結果を出す人は狂ったように
研究に明け暮れている。

当たり前だけど、オレをふくめ多くの人が
忘れてしまいがちなこと。

口では成功したい、結果を出したいって
言っていても、行動が伴わない。

「今日は疲れたから明日」
「これぐらいでいいか」
「誰も見てないしサボっちゃお」
「面倒くさいから辞めよう」

オレもこんな事を考えてしまうことが
今でもまだまだある。

でも結果を出したいから、
自分に課したノルマだけは絶対にクリア
するようにしている。

だけど、成功したり結果を出している人
からみたら、まだまだなんだよね。

正直、狂ったようにが、どんなレベルか
分からないけど、今のオレの行動力では
全く足りないのは明らかだね。

アナタの行動はどうだろうか?

大川忍によるセッション詳細はこちらから

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。