マジですか?電話が怖くて退職? 大丈夫か若者よ。

スポンサーリンク

ネットを見ていたらこんな記事を
見つけた。

東洋経済オンラインより

ここ数年で現れ始めた理由に
「会社の電話に出られない」というものがあることをご存知ですか? 
会社にかかってきた電話に自ら出て、
話をしたり、取り次いだりするのが
怖く、次第に会社に行くことすら
辛くなる……というものです。

え?マジですか?
世の中の新卒生達はそんな状況に
なっちゃってるんですか?

脱サラして数年経つオレには
超衝撃的な記事だ。
人事畑に長年所属していたので
色々な社員を見て来たが、
まさか電話に出るのが怖いとは・・・。

一昔前は電話対応は新入社員の
仕事って感じだったのにね。

じゃあ、どうしてこの様な人が
増えたのかという理由が書かれて
いたのだかそれにもビックリした。

一昔前まで、家庭には1台の電話しか
なく、たいてい玄関かリビングに
置いてありました。ということは、
小さい頃から多かれ少なかれ、
家族が「電話に出て話している」姿を
目にしていたはずです。
また、子どもであっても電話に出たり、取り次いだり、正確に伝言を受け取れず「なんでちゃんと聞いておかなかったの!?」と怒られたりするわけです。

ところがここ十数年では、防犯上、
家庭の電話機に子ども出さないという
方針の家庭が増えました。
また、ナンバーディスプレーが普及
したのと同時に「知らない番号からの電話には出てはいけない」と教育される
家庭も増える傾向にあります。
さらに携帯電話が普及したことで、
子どもたちも物心つけばパーソナルな
携帯端末を持つのが一般的に。
すると、電話は基本的に自分に用事が
ある場合しかかかってきません。
画面上で誰からの連絡か瞬時にわかる
ので、挨拶なしにいきなり話し出す
ことが可能であるうえ、出るか出ないかも自分の都合で決められるわけです。

それが会社に入った瞬間、誰から
かかってくるか、どんな用件か、
まったくわからない電話に対応することを求められるのです。
緊張はマックスになり、
「電話の音が鳴るだけで冷や汗が出る」と訴える人もいます。

なるほど。
言わんとしていることは分かる。

それに対しての対処法にも驚く。

電話についてはほんの一例。
「人としての基礎」と思われていた
ものが、今ではそうでなくなっていて、新入社員はそれらが身についていない
状態で入社してくる……
なんてことは、当たり前のように起こります。そのことにいちいち驚いていてはキリがありませんし、同時に、今までの教育指導を見直していく必要も出てくるでしょう。

ポイントは、「より具体的に指導する」こと。
「やってみせる」→「真似させる」→「それを修正していく」という
細やかなプロセスが必須です。
「そんなことまでしている暇はない!」というご意見もあると思いますが、
このプロセスを避けてしまえば、
その先の教育も立ち行かなくなってしまうのが現実です。

はあ~・・・。

新入社員を丁寧に教育すると言う
部分では共感出来るけど、
いくら何でも甘やかし過ぎじゃないか?
そう考えるのは古い人間だからか?

ん~。

オレが経営者ならば残念だけれど
研修期間をもって雇い止めという
かたちを取るかも。

電話が怖いなんて言ったら
人とのコミュニケーションは
大丈夫なのか?って不安になるから。

会社あてに電話を掛けてくる人は
顧客か取引先が主だろう。
その人達とのコミュニケーションすら
怖がるのならば業務を遂行出来るか
不安になるのは当然かなと。

そこで問題だと思うのは企業ではなく
各家庭だったり、教育機関じゃないかと
オレは思う。
家族や教師がもっと勉強以外に大切な
教えるべきことがあると思う。
人とコミュニケーションを取ること
人の痛みを解ってあげられる心
困難があっても前に進もうとする
強い心を養うカリキュラムが必要
じゃないかな?

その中には認めてあげることや
誉めてあげることももちろん必要。
それが土台となるから。

でもそれだけじゃダメな気がする。
受け入れると甘やかすは違うから。

ぜひ、教育に携わる人は参考に
して欲しい。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。