「幸せになれる方法」ユダヤ族8つの教え

スポンサーリンク

今回は『幸せになれる方法』について。
自己啓発本「夢をかなえるゾウ」にもその考え方が取り入れられているユダヤ民族の教えで特に共感した項目を紹介。


■共感した8つの教え

①人生が成功したかどうかは、その人が築き上げてきた人間関係の質で決まる。

みんなから好かれる必要はないが、ある人と特別な絆を見つけたら、その絆を認識し、育み、維持しなければならない。

②「毎日、今日があなたの最後の日だと思いなさい。毎日、今日があなたの最初の日だと思いなさい」

③最も重要なことの一つは、生まれつきの才能とそれを開花させる仕事を結びつけること

④目指す職種のトップの人々が集まり、学ぶような集会には、お金と時間を使ってでも、出席すること。

⑤大切なのは、目的でなく、その過程。夢を実現させる過程を楽しむこと。

⑥内容は関係ない。世の中に貢献すれば、必ず収入が得られる。苦しいときには、選り好みせずに仕事を見つけて、できるだけお金を稼ぐべき。

⑦情報をただ鵜呑みにするのではなく疑問を持とう。

⑧幸せになりたければ、まずひとに与えるということが大切


以上8つの教えの中で
アナタはいくつ実践出来ているだろうか?

オレは・・・

実践していると言い切れるのは①と③と④と⑤と⑦と⑧かな。

②に関しては、まだそこまでリアルに考えきれて居ない。特に『今日が最後の日』って方はどうしても当たり前に明日が来るでしょ?みたいな刷り込まれた価値観が払拭しきれてない。

人間いつ死ぬかなんて誰にも分からない。もっともっと意識して行こう。

⑥に関しては、今は自分が心からやりたい仕事以外はしたくない、しないと決めている。期間限定だけど、今はそこにコミットしたい。


みなさんもぜひ1つずつでもいいから
実践してみたらいかがだろう?何かが変わるかもしれない。

オレは全項目は実践出来てないけど数年前に比べたら比べ物にならないくらい幸せな人生を送っているからさ!

さあ。レッツトライ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。