本気で人生を変えたいのであれば覚悟を決めて突き進め!

今回は4日間の研修(旅)に参加して体感してきた内容を。

本気で人生を変えたいって方にはぜひ読んで欲しいと思う。何かのヒントになれば幸いだ。

まずは大前提として
オレには絶対に揺るがない使命がある。
「オレを必要としてくれる人を全力で支えたい。」
「自分らしく生きるということを自分の生きざまで見せて行きたい」
この2つ。

で、今回旅に出てる理由は
「自分の限界を突破し、恐れや不安や、ちっぽけなプライドを手放して、
自分の持っている能力を最大限発揮出来る人間になる為」
「今の枠に収まるのではなく、もっともっと高いレベルに自分を持って行きたい」

この2つ。

今全てを終えてみ体感したこと、感じたことをシェア。
まだうまく纏められていないのでとりあえず書きなぐりで。

 

①やると決めたらやる。
どんな状況でも、やると決断し一切のやらない理由や言い訳を捨てる。
日常ではありえない状況に追い込まれても、
自分がやると決断をすれば行動出来る。

②不安や恐怖が襲ってきても、それと真正面から向き合い対処することで乗り越えられる。

③不安や恐怖を感じる状況であっても
笑顔で楽しむことが出来れば乗り越えられる。

④委ね委ねられる関係を築けた人とならどんな障害や困難にも立ち向かうことが出来る。

⑤自分の身を委ねられる人とは
日頃からコミュニケーションをしっかりとれていて、お互いに相手の為ならば
ギブし続けることが出来る関係にある。

⑥本来、覚悟を決めてやればとてつもなく無謀だと思うことも達成出来るのに、
日常ではまだそれが出来ずに躊躇してしまっている自分が居る。

⑦本日もバリバリに限界を突破してきた!詳細を書けないのが残念だけど
体感しなければ腑に落ちるレベルまでは行けないと思うので参考程度に。

基本、オレは全く運動をしない人間だと
言うことは体型を見てもらえれば分かると思う。

そんなメタボでベビースモーカーな自分が到底到着出来ないであろう
距離を決められた時間内で歩いた。ちなみに今までの最高は7キロ(笑)
今回はその3倍は越えてたね。

正直、スタート時には不安と恐怖しかなかった。
でもね、この旅では何があっても覚悟を決めてやりきるって決めてるから
行くしかない。

そしたらね、以外と行けちゃったのよ。
何なら最後の心臓破りの坂でもダッシュ出来ちゃったりした。

最初の恐れや不安が嘘みたい。でもね覚悟決めてスタートしなかったら
見れなかった自分のチカラ。

だから改めて覚悟を決めるって自分がもつパワーを発揮するのに
マジで必要だなって思う。

多分、日常のオレならば絶対に歩くとか覚悟を決めてチャレンジすることなんて
なかったから。

基本好きなこと以外はやらない人間だから。

でも結局はそれがオレの人生の中で自分のチカラの限界を勝手に決めて
成長の妨げになってるんだよね。それって超勿体ないって思った。

⑧人間はカオスや限界に達すると汚いところが見えて来る。
例えば自分の物差しで人を判断したり誰かを裁いたり、感情的になって
喧嘩状態になったり、無関心になったりね。

結局、余裕の状態であればコントロール出来るはずの感情が
コントロール不能に陥る。

その時に出てくるものは結局エゴ。これが現実。
で、結局そのエゴが日常でも出て来てそれが成長の妨げになっている。

でもそのエゴを知り受け入れるのが大切。
知れば対処方法を探せるから。
責めるでも落ち込むでもなく まずは全部受け入れて愛すること。
そこからそれに対して向き合って対処して行くことが大事。

⑨自分の役割が明確に認識出来た。
オレはここ1年で、2回リーダーを
させてもらうチャンスをもらってる。
で、いつも「リーダーだから」「リーダーとして」って言う思考で考えて行動して来た。
今も現在進行形で2月まではリーダーという
ポジションに居る。

このポジションは自分が絶対になりたくて勝ち取ったものだ。

でもそのポジションでオレの最大限のパフォーマンスを発揮出来るのかなと
最近疑問に思う機会が多くなって来てた。

それが今日やっと腑に落ちた。
オレがリーダーに絶対になりたいって思ってたのはただの負けず嫌いなだけだった。

本当にオレがやりたくて、最大限に能力を発揮出来るのは「サポーター」だなって
気付いた。
みんながオレに求めてくれるものは全てを受け入れた上で一緒に寄り添い
解決策を見出だす事だったり、悩んだり深刻になってる時には
寒~いギャグやネタで和ませること。オレがホントにやりたいことも全く同じ。

リーダー役を無理に演じるのはもう辞めようと決めた。
今まで委ねられなかったポジションを信頼する人に委ねようと思う。

⑩以前は恐怖で身震いする位の出来事でも
そこを乗り越えれば嘘みたいに恐怖が消えていた。
慣れかと言えばそうではなくて
立ち向かい続けることで恐怖はなくなり
むしろ楽しかったし、以前は5回も6回も
チャレンジしないと越えられなかった
ミッションを1回でクリアすることが出来た。
だから怖くても逃げずに向き合い続けることって
本当に必要だと思う。
これをどんな事にもやり続けたら出来ない事なんてなくなるんじゃないかって思う。
いつだって逃げるのは自分だし諦めてしまうのも自分。
だからこれからは全てにおいて向き合い立ち向かう選択をして行く。

4日間本当に体力的にはきつかったけど心は嘘みたいに元気で晴れやかだ。
そしてなぜかいつもよりも疲労感がない。それはやっぱり覚悟を決めて
あれこれ考えずに行動に移すことで精神的ダメージがめっちゃ減ったからだと
オレは思ってる。
心と体はいつも連動していて不安や恐怖に心が疲弊してしまうと体も必然的に疲弊して
しまう。
だから心に余計なストレスを与えるのはマジでよくないなって思う。

 

以上。

今後少しずつ分かりやすく言語化して行こう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。