オレ「性同一性障害」です その9~手続き編 part1名前の変更~

本日は性同一性障害(GID,FTM)のその9です。「名前の変更」についてお話させて頂きます。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

「名前の変更」とは?

ホルモン治療がある程度進んで行くと身体が男性化していきます。
その中で出てくる問題としては「身体が男性化しているのに名前が女の子」っていう事だと思います。

オレ自身は生まれた時から「しのぶ」だったので身分証明書を出さなきゃいけない場面や何か書類を提出しなきゃいけない場面以外はあまり困らなかったのですが、例えば名前が「○○子」とか「○○美」という人は本当に嫌な思いをする場面が多いと思います。そしてめんどくさい思いも沢山すると思います。

オレはまず、病院がめんどくさかったです。保険証を出しても「ご本人様はどこにいらっしゃいますか?」って言われる事はしょっちゅうだし、いちいち説明する度に嫌な気分になりました。あとはパスポートを作りに行った時には係り員の方が迷わず性別の男の方に○をつけて最後に「一応戸籍上は女です」と説明したりしました。

これが「○○子」とか「○○美」さんだったら本当に辛いと思います。

 

「名前の変更は家庭裁判所に申し立てをすれば可能です。」

オレは「しのぶ」から「忍」に変更しました。この、申し立ての際に提出した書類は

・名前変更の申し立て書(裁判所のHPにてダウンロード可)

申し立て書のダウンロード
東京家庭裁判所HP

DSC_0674

・今まで、通称名「忍」として生活してきた証拠(オレは年賀状とか、給与明細とか、名刺とかを提出しました。)

・性同一性障害の診断書

・手術証明書(僕の場合は性別変更の手続きと同時に行った為)

です。

申し立て書には氏名を変更したい理由を記載する部分があるので「性同一性障害の治療により、外見と名前が不釣合いになり混乱を招く為」みたいな事を書きました。

大体1週間位で裁判所から通知が来て正式に名前が「しのぶ」から「忍」に変更されました。この通知がきたら役所等で手続きして保険証、年金手帳、免許証、住民票などの記載が全て変更できます。

 

「性同一性障害に関する記事」

「性同一性障害」その1はこちら

「性同一性障害」その2はこちら

「性同一性障害」その3はこちら

「性同一性障害」その4はこちら

治療編part1カウンセリングはこちら

治療編part2ホルモン治療はこちら

治療編part3 乳腺切除、乳房切断はこちら

治療編part4 性別適合手術(SRS)はこちら

手続き編part1 名前の変更はこちら

手続き編part2 戸籍の性別取扱い変更はこちら

 

2 件のコメント

  • カウンセリングを受けながらの名前変更は可能なんですか?
    診断書がなくても名前変更は可能ですか?

    • コメントありがとうございます。
      基本的には診断書を提出がスタンダードですが、
      裁判所や裁判官によって違ってくるので
      トライしてみるのもありだと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。