性同一性障害です。その11~手続きpart3各種手続き~

スポンサーリンク

今回は性同一性障害(GID,FTM)の「各種手続き」についてお話させて頂きます。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

戸籍変更後に必要な手続きは?

オレが実際に行った手続きは

・保険証の氏名及び性別変更手続き

・免許証の氏名及び性別変更手続き

・銀行口座の氏名変更及び性別変更手続き

・生命保険の氏名変更及び性別変更手続き

・自動車の名義変更手続き

・自動車保険の名義変更手続き

です。

要するに、変更前に契約したり、発行されたものは全て対象になります。

必要書類は様々でしたが、

・変更された住民票

・新しく作成された戸籍謄本

以上2点があったら手続きは大体できます。
なので、性別変更後は、ある程度まとめて住民票と戸籍謄本を準備しておいた方がいいと思います。オレはその都度取り寄せていたのですが本籍と現住所が違う場合は非常にめんどくさいので、まとめて準備しておいた方が楽ですよ。そんな感じで手続きをすると氏名と性別が変更された新しいものが発行されます。

IMG_60018313572328 (1)

例えば上記は戸籍が女性の時と変更後の男性に変更された後の保険証です。なかなかこの2枚を同時に所持できるってないですよね(笑)なんかこの保険証見て、しばらくニヤニヤしていた事を思い出します。
性別変更後の手続きはこんな感じで終了しました。これで何の躊躇もなく、身分証明書を提示できるようになりました。ホント提出しなきゃいけない度にめんどくさかったし嫌な思いもしましたからね。

 

「性同一性障害に関する記事」

「性同一性障害」その1はこちら

「性同一性障害」その2はこちら

「性同一性障害」その3はこちら

「性同一性障害」その4はこちら

治療編part1カウンセリングはこちら

治療編part2ホルモン治療はこちら

治療編part3 乳腺切除、乳房切断はこちら

治療編part4 性別適合手術(SRS)はこちら

手続き編part1 名前の変更はこちら

手続き編part2 戸籍の性別取扱い変更はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。