セールスに必要な99%はこれだった!を知って感じたこと。

スポンサーリンク

突然だけど、アナタはセールスと聞いて
どんなイメージを持つだろうか?

オレはセールスに対してものすごい
メンタルブロックがあった。

セールス=悪
セールス=押し売り

とか。

最近では、多少ブロックが外れてきた
ものの、まだまだ苦手な分野だ。

昨日、参加しているプログラムの
特別講義で、外部講師によるセールス
セミナーが開催されたので参加した。

そこで学んだことにより、ブロックが
かなり減り、むしろセールスについて
自分が無意識的に出来ていた部分も
あるんだと知ることが出来た。

その中でも、これはと思った所を
シェアしたいと思う。

①セールスとは?

セールス=人を動かすチカラ
セールス=問題解決

である。

確かに、こう考えたらセールスは決して
悪いことではないと感じることが出来た。

②セールスの3ステップ

信頼を築く(ラポールアクション)

相手の心の中を聞き出す(ヒアリング)

必要な情報や製品を提案する(セールス)

大切なのは、いかに信頼を得て相手の
痛みや苦しみや夢や希望を聞き出せるか。
これが99%で実際の提案は1%程度で
いいみたいだ。

確かに、信頼がおけて自分の心の内を
分かってくれる人の勧めてくれる物には
興味が持てる。

実際にオレも今は「誰が勧めているのか」
「誰が開催するのか」でしか、
セミナーや講習や商材を判断しない。

また、日常では常に相手に対して信頼を
得てもらえるような言動を心がけて
いるし、相手の話をちゃんと聞き
何が問題なのか?何を叶えたいのか?を
引き出せるような働きかけをしている。

まあ、カウンセラーだから当たり前と
言えば当たり前だけど(笑)

そうした積み重ねをして行くことで
例えばオレが実際に読んで良かった本を
紹介したら、読んでくれる人が居るし、
使ってみて良かった商品を紹介したら
わざわざネットで調べて購入してくれる
人もいる。

全く売り込むという意識はなくて
自分がいいと思った物を教えただけ。

また自分のコンテンツを発売したら
Facebookだけの簡単な告知だけで
数万円のコンテンツをすぐに申し込んで
くれた方も数名居た。

だから今までの自分のやり方は正解だし
自然に出来ていたのを知って自信が
持てた。

じゃあ信頼を得る為にオレが意識して
いることは、たったひとつだけ

「嘘はつかない。事実のみを伝える」

本当にこれしか意識していない。
自分を大きくみせようとも思ってないし
カッコ悪い所だって隠さずに伝える。
しかも、実際に体験したことしか伝え
ない。当たり前だけど、体験していない
ことは伝えられないから。

アナタはどうだろう?

 

大川忍によるセッション詳細はこちらから

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。