安保理に興味のない奴は本当に非国民なのか?

過激なタイトルですんません。

昨日、電話で話していた時に
なぜだか安保理ってキーワードが
話題に上がった。
そこで感じた事を書いてみる。

まあ、いくら政治とか経済とかに
興味のないオレでも安保理くらいは
何となく聞いたことがある。

うん。何となくね。

でね、安保理についての詳細を
凄い勢いで語ってくれたんだよ。
「マジでヤバい」とか
「近々絶対に戦争が起きる」とか
「日本は経済搾取される」とか

へ~そうなんだ。
知らなかったな~。

ってお気楽な返答をしたら
「安保理について知らないなんて
非国民だ~!」
なんて言われちゃったわけ。

う~ん。
そんなことないと思うけど・・・

人ってさ、それぞれ興味や関心を
抱くものって全然違うのは当たり前で
たまたまオレは政治とか経済とかには
全く興味がないだけで、だからって
戦争賛成派ってわけでは決してない。
むしろ争いごとは大嫌いな超平和
主義な人間なのよ。

確かに無関心過ぎるのは危ない
のかもしれないけど、
オレは政治や経済とかの情報を
インプットする時間より、
誰かと人生について話したいし、
自分の為やクライアントの為に
人が成長するにはどうしたらいいか
とか考えたいし、
ブログ書きたいし、
Facebookしたいし、
SEO勉強したいし、

やりたいことが鬼のようにあるんだ。

だから興味ないことについては
とことん興味がない。

だって、一凡人の名もない人間が
いくら「安保理反対!」なんて
やったって世の中そう簡単には
変わらないよね。
まあ、あれだけ集団でデモやったって
変わらないんだから。

だったら自分が出来るアプローチを
考える方が得策じゃない?
オレで言ったらメンターから教えて
もらった「自己愛」について自分の
経験を通して伝えて行くとかね。

争いごと(戦争)反対なのに
争いごと(デモ)で立ち向かうとか
オレの中では矛盾しまくりなの。

デモのシーンを見る度に
「もっと他にやれることがあるんじゃない?この人達はこれしか方法が思い付かないのかな?」って思う。

これは何に対してのデモもそうだけど。
必要なのはデモじゃなくて、日常生活で
一人一人が、どれだけ行動出来るかじゃ
ない?

まあ、あんまり政治的なことを批判
して殺されたくないのでこの辺で(笑)

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。