やる?やらない?自己成長や自己実現のカギはアナタにある。

人は色々な場面で選択を求められる。

「やるか」「やらないか」
「行くか」「行かないか」
「続けるか」「諦めるか」
「全力を出すか」「適当にやるか」

などなど。

アナタはそんな時にはどんな選択の
仕方をするのだろう。
悩んだり迷ったりする人が多いんじゃ
ないのかな?
オレもそうだったから・・・

好きだから
「やる」「行く」「続ける」「全力」

好きじゃないから
「やらない」「行かない」「諦める」
「適当」

これはよくある選択のパターンだと
思う。

はたして、この選択は最善なのか?

ここで、あるアスリートの言葉を紹介
しよう。

「目の前のことを頑張るって
決めちゃえば、もう悩む必要も
ないじゃないですか。」
サッカー日本代表 内田篤人選手

内田選手も以前は悩んだり迷ったり
してきたそうだ。
だけど迷ったり悩んだりしている
時間がもったいないと思い、
とにかく目の前にあることに全力で
取り組んで行ったそうだ。

その結果は言うまでもないだろう。

オレも最近は完全にでは出来ていないが
悩んだり迷ったりするくらいならば
「やる」「行く」「続ける」「全力」を
実行出来るようになってきた。

例えば、ブログやFacebookでの
情報発信は毎日マストにしている。
面倒くさいと思う日も、身体的に
キツイ時もあるけど、とにかく
「書く」という選択しかしない。

なぜか?

それは達成したい夢や目標のためには
やらない選択をしていたら遠ざかって
しまうから。1日でも早く達成したい
からだ。やらない選択をするのは正直
楽だと思うよ。1日位いいだろうって
手を抜くのも、サボるのも簡単だよ。
でもさ、オレは職業柄、今にも自殺
しそうな苦しんでいる人が待って
くれている。オレの言葉で自殺を思い
留まってくれる人も居る。
オレの言葉で、また頑張ろうって
思ってくれる人が居る。

そう思ったらやるしかないでしょ?

だからと言って、皆さんにそれを
求めようとも思わないし、時には
「やらない」選択が正しいこともある。

そこで覚えていて欲しいのは
嫌なこと、辛いこと、苦しいことでも
自分の成長や目標や夢に繋がることは
つべこべ言わずに「やる」選択をして
欲しい。

もちろん成長もしなくていいし
目標も希望も夢もいらないなら
わざわざ辛く苦しいことをやる必要は
これっぽっちもない。

でもこのブログを読んでいるアナタは
自分の成長を望んでいるし、目標や夢を
叶えたいって思っている向上心のある
人だとオレは信じているから。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。