アナタ自身が幸せにならないと他人を幸せには出来ない

誰かの役に立ったり
誰かを幸せにしたいと思っている人は
ぜひ読んで欲しい。

例えばオレはプロカウンセラーとして
活動させてもらっているが、
果たして自分が幸せではない状態で
誰かの役に立てるだろうか?

自分の解決すべき問題点から目を
背けていたとする。

それでも誰かの役に立ちたい
誰かや何かに貢献したいと思っても
自分という土台がしっかり固まり
精神的にも身体的にも余裕がある
状態にいなければ、
自分自身が疲労してしまう。
こんな状態では、本当に誰かの
為になるものを提供出来ないんじゃ
ないだろうか?

もちろんオレも精神的にも身体的にも
疲労する時がある。
そんな時はまず、自分の状態を
リカバリーすることに全力を注ぐ
ようにしている。

完全にリカバリー出来たと確信
出来たら、また活動を再開する。

ある本にこんなことが書いてあった。

他社や広い意味で社会に貢献できる
人の共通点は「I love me」である。

要するに自己愛が確立されている
ってことだよね。

自分自身に愛情を注げない人は
他にも同じようにように愛情を
注げない。
例え一時的に出来ても長続きしない。

だから、やっぱり最優先すべきは
「自己愛」なんだよね‼

今、開催している
「プロカウンセラーによる
自分らしく生きるための
マンツーマン合宿」では
この自己愛の確立に注力していく。

自己愛が足りてないと思う方は
ぜひ詳細を確認して欲しい。

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。