誰しも持って生まれた「カード」がある!それを使ってプレイするべし!

スポンサーリンク

突然だけど「弱みを克服する」と「強みを伸ばす」どちらがパーフォーマンスの向上に有効だと思いますか?

あ、いきなりですんません<(_ _)>

答えは人それぞれ違うと思いますが、オレは特に「強みを伸ばす」ことにフォーカスして生きて行く選択をしてます。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 
 

でも、過去には「弱みを克服」しようともがき苦しんでた時期もある訳です。
そりゃ〜泥沼地獄というか底なし沼というか何というか・・・
とにかく抜け出せないわけですよ。「克服」という試練からね。

そんなしんどい作業なんで当然ながら苦しくなって、そのうち辞めちゃうんですよね。
特にオレは忍耐力とか持ち合わせていないようで (笑)

で、色んな本やセミナーなどを読んだり聞いたりしていると、どうやら「強みを伸ばす」方が簡単かつ効率がいいってことで
実践してみることにしましてん。

まずやったのは自分の強みとは何ぞや?ってのを見つけ出すこと。

自分で頭の中をほじくり返して書き出してみたり、家族や友人に聞いてみたりラジバンダリw
結構自分では認識出来ていない部分も多いので、恥ずかしがらずに「オレのイイとこどこ?」って
ストレートに聞いてまわりました。

あと、これはよく聞くかもしれないけど「何をしていると幸せか?」とか「何をしてると時間を忘れるほど没頭するか?」とか
「何か分からんけど楽勝で出来ちゃうこと」とかを書き出しまくりましたね。

例えばオレの場合は・・・

・人を笑わせる(笑顔)にするのが得意だし好きだ

・なぜかわからないが多くの人から「一緒にいたり、話しを聞いてもらうと癒される」と言われる
(これはぽっこりと出たお腹が大黒様をイメージさせるとの噂もありw)

・人とは違い過ぎた波乱万丈な人生を送ってきたから「痛み」や「辛さ」に共感してあげられる

・レスポンス命で超絶早い

とか。

ほんの一部だけどこんな感じであります。

これは何も意識してやっているわけじゃなくてオレの中では当たり前のこと。
だからもちろん苦痛もない。

反対に弱みにフォーカスしてみると、出来ないことなんて山ほどある

・忍耐力や継続力がない。よって飽き性である。

・細かい作業がとにかく嫌い。

・営業力やプレゼン能力が皆無

・とにかく色んな面でだらしない。

前はこれを克服して立派な大人にならなきゃって真面目に取り組んでたけど今は、「得意な人に任せればよし!」
という考えにシフトしたので、克服する必要はなくなって楽チンなんですよ。
人に任せるって怖いし恥ずかしいし負けた感じがするとか思っちゃうかもしれないけど、そんなことは全くなくて
得意な人は任せられたことでモチベーションが上がるし、得意だから簡単にこなしてくれちゃうんです。
一石二鳥ですな!

誰かに任せることで空いた時間を自分の強みを伸ばす時間にあてて、それで恩返しをする。
最高の価値の交換だとオレは思ってます。

長くなりましたが、「弱みを克服」するより、自分が持って生まれたカード「強み」や「資質」を伸ばして行くことに
目を向けてやって行ってみてはいかがでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。