今、LGBTに力を入れる企業が増えた4つの理由とは?

最近、LGBTに積極的に力を入れている企業が増えているのは知っている人が居るかもしれない。最も有名なのはアップル社だ。アップル社はティム・クックCEOがLGBT当事者(ゲイ)であることも有名な話である。とは言っても当事者だけの間の話なのかもしれない。現に、今隣にいる仲間に聞いてみたら知らなかった。

“今、LGBTに力を入れる企業が増えた4つの理由とは?” の続きを読む

LGBTなんて関係ないと思っているあなたに読んで欲しい

渋谷区のパートナーシップ条例(男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)が世田谷区では同性パートナーを認める書類を発行することが決まった今、LGBTなんて私には関係ないと思っているアナタにぜひ読んでもらいたい。

“LGBTなんて関係ないと思っているあなたに読んで欲しい” の続きを読む

性同一性障害への配慮。183自治体で印鑑証明性別記載なし

心と体の性が一致しない「性同一性障害」の当事者に配慮するなどの理由で、性別欄のない印鑑登録証明書を発行する市区町村が31都道府県の183自治体に上ることが、当事者団体が総務省に照会するなどした調査で分かった。

“性同一性障害への配慮。183自治体で印鑑証明性別記載なし” の続きを読む

オネェタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を行う予定

オネェタレントのKABA.ちゃんが海外で性別適合手術(SRS)を受ける予定であることを明らかにした。昨年、睾丸摘出手術を行い、現在はホルモン治療を受けているKABA.ちゃんは、男性から女性への戸籍変更を目指しているという。

“オネェタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を行う予定” の続きを読む

LGBT当事者の自殺および自殺未遂のリスクについて

自傷行為による救急自動車出動件数(7.4万人/年<「平成23年版 自殺対策白書」より>)を日本の人口で割ってみたところ、0.0582%という数が出てきた。
これに対して、「性同一性障害」における自傷・自殺未遂件数の比率は28.4%で(「セクシュアルマイノリティの自殺および自殺未遂のリスクについて」より)、その比率は実に約490倍だ。

“LGBT当事者の自殺および自殺未遂のリスクについて” の続きを読む