最高のチームとは?最高チームになるには何が必要なのか?

スポンサーリンク

オレは最近、個人で活動するのは
もちろんだけど、チームで活動する
機会も結構ある。

数十人単位の大きいチームから
数名単位の小さなチームまで
色々経験させてもらっている。
その中でリーダーをする時もあれば
サポーターとして動くこともある。

そんな中で、何か楽しくて色々と
上手いことできるチームと
何となく雰囲気が暗かったり、
深刻だったり、責め合ったりと
何かと問題が発生するチームもある。

その違いって何だろうか?

まずは上手いこと行ったなってチームの
場合はどんなチームだっただろう?

・それぞれが得意とすることを持ち
寄った時に、ひとつの大きな輪が
出来るようなチーム。

例えば、オレは最近のチームの役割は
リーダーだったり、切り込み隊長だったり
する。まずは誰より先に動き出す人。
でもそれが見切り発車な時もあるから
そんな時は、丁寧な人や戦略的な人が
計画を綿密にして行ってくれたり、
方向修正をしたりしてくれる。
そして、計画に対して正確にタスクを
こなしてくれる人もいる。
もしくは、チームを盛り上げる
ムードメーカーをしてくれる人も居る。

要するに、個々が得意とするポジションで
きっちりと役割をこなす人が集まった
チームは、やってて楽しいし、色んな
アイデアとかも出てくるから、上手いこと
行くんだよね。

誰が主役とか脇役じゃなくて、みんなが
主役って思いで行動をして行く。

反対に何かと問題があるチームでは
オレがオレがと自分の意見を主張
ばかりになってしまったり、無関心や
遠慮から自分の意見を全く言わない人が
居たりで、明らかにチーム内の温度差が
大きい。結局、発言力の大きい人の
意見ばかり採用されてしまったり、
意見を言わない人達は不満を抱えたり
していることが多い。

だから話し合いでは深刻になったり
最悪は責め合いになったりもして
全然楽しくない。

楽しくて最高のパフォーマンスを出せる
チームにするには、役割をはっきりし
誰もがリーダーとして行動する。
とにかく深刻になったり責め合ったりは
しない。

「真剣と深刻は違う」
「真剣にやると楽しい」

アナタのチームは、どうですか?

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。