予想してた最大の恐怖や不安はだいたいやってこなかった件

昨日はオレ史上最大の恐怖に突っ込んでいった。
 
今までずっと恐怖や不安が死ぬほど強くて
見てみぬふりをしてたこと。
 
何で昨日だったのかは分からん。
突然思い立ったから。
 
もし神様が居て一生に起こることを決めてるとするなら、そのタイミングだったのかもね。
 

いざ突っ込むって決めてもオレ史上最大の
ラスボスだから、とにかく怖いのなんのったらありゃしない。
 
心臓はバクバクだし、手汗びっしょりだし
身体は生まれたての小鹿くらいブルブル
しちゃってさ。
 
どうにもならないから、心許せる友人に
メールで「最悪の事態になるかもしれない」って弱音吐いて慰めとパワーをもらってた。
 
それでもガクブルで((((;゜Д゜)))
 
 
数時間後・・・
 
意を決していざ突入 ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
 
話し合い開始・・・
 
ん?
 
んん?
 
そりゃ不安や恐怖や申し訳なさはずっとあったけど、
 
1番恐れていたことは起こらなかった。
 
むしろ受け入れてくれた。
 
な~んだ。
 
結局さ、予想してた最大の恐怖や不安は
所詮予想であって、現実には起こらないんだ。
 
人ってさ、ネガティブなことを予想する時って、最悪の事態が起こるって勝手に決めつけ
ちゃってんだよね。
 
だけど、大抵そこまでは行かないから。
 
最悪の事態は予想出来ない時に来るんだと
思うな。
 
災害とか殺人とか色々ね。
 
だから予想して怖がってても意味な~いじゃ~ん♪
 
だって最悪の事態は予想出来ないんだから。
 
これって相手の気持ちに関しても同じ気がする。
 
「あの人は絶対に私のことを嫌ってる」とか
 
あの人の気持ちなんて予想出来ないわけよ。
本人しか分からないから。
 
それなのに人間は勝手にあの人が思ってる
ことを予想して決めつける。
 
うん、ムダだね(笑)
 
勝手な予想はやめて、本人に確かめるべし!
直ぐにじゃなくていいから時が来たら、
向き合うべし!
 
じゃないとオレみたいに不安オバケにとりつかれて、シンドイ思いを長いことしちゃうよ!
 
脱・予想!
 
真実は予想にはあらず!

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。