※セッション実例※ 思い込みってホントに恐ろしい件

スポンサーリンク

コンサル生の生の声。
 
彼が受講してるコンサルはコレ!
 
 
 
 
 
 
大川さん今日は本当にありがとうございました🙇
1,何でコンサルを受けたのか?

A・数年前から仕事の事や自分の考え方が嫌でどうしようもなかった時にたまたま大川さんのブログを読んで様々な記事を見てすごい経験をしているのに良くも悪くも自分の気持ちをしっかり受け入れて変われてるのを見て会って話ししてみたいと思いました。

2,受けた感想

A・自分でもどうしてこんな気持ちや考えかたに(マイナス思考・劣等感・受取下手)
なってしまうのかよくわからず、その時の気分やモチベーションが下がってると勝手にマイナス思考になりどんどん自分の考えや視野を狭くしていき自分で勝手に悪循環にしていたのがわかりました。
また、そのように思う事で自分で自信をなくして自信がない状態だと良いこともうれしいことも素直に受け取れなくなってたように思います。
また、自分の中で「必ずこうでなければいけない」みたいな強い思い込みがありそのせいで行動や気持ちを制限して自分で苦しくなっていました。
大川さんと話ししているうちに自分の勝手な思ったや間違った捉え方などの問題点が見えてきて良かったです。

3,今後の決意

まず、第一に気持ちの浮き沈みはそれなりに誰にでもあることだと理解し、そこに無駄にフォーカスせず流せるようにします。
また、勝手な思い込みで無意識的に拒否して逃げていたことにももう一度向き合って行動してみる。
良いこと・うれしいことは素直に受けとる😌です。

なかなか長い間癖のように染み付いているので、とりあえずはこの3点を重点的にやっていこうと思います。
 
・・・・・
 
彼はとにかく
「ネガティブな思い込みが激しい」
「考えても正解が出ないことをひたすら考えては不安になってる」
「○○であるべきっていう固定概念が強い」
「自分に自信が無さすぎる」
「ホントに好きなことって言葉に囚われまくってる」
「自分を正当化するために、もっともな言い訳を繰り返す」
 
こんな感じだった。
(あ、これディスってるわけじゃないからねw)
 
話を聞けば聞くほど「そりゃ生き辛くなるわ」って感じだった。
 
じゃ1個ずつもうちょい詳しく書いて行くよ!
 
まず、「ネガティブな思い込みが激しい」についてね。
 
彼は数年前に、ある出来事がきっかけで
ひどく不安に教われたことがあって、
落ち込み具合が激しかったから診療内科に
言ってみたら「うつ病」と診断されたんだって。
 
それからは、何か不安になったり落ち込んだりしたら「うつ病だから幸せになれないんだろうな」とか「うつ病だから絶対に自殺しちゃうんだろうな」って思ってたんだって。
 
恐ろしい~!!(゜ロ゜ノ)ノ
 
思い込みチャンピオンだわ。
 
うつ病だから、この先ずっと不幸だとは限らないし、自殺するかどうかも分からないじゃん?
 
なのに絶対そうだと思い込んでたわけ。
 
オレうつ病だったけど、自殺未遂はしたけど
今こうやって生きてるし、楽しいし幸せだもん。
 
だから、「うつ病=一生幸せになれない」とか「うつ病=自殺で死ぬ」みたいな方程式は成り立たないわけさ。
 
もしかしたら一生幸せになれないかもしれないし、自殺しちゃうかもしれないけど、
幸せになる可能性だってめっちゃある。
 
目の前にうつ病になっても幸せに生きてる人が居るんだから間違いないっしょ(笑)
(それオレのことね)
 
未来のことなんて考えても考えても答えは出ないわけさ。
 
だから考えない!以上!
 
あとは「病気を言い訳にしてた」ってのも
結構あったよね。
 
「病気だから○○出来ない」
「病気だから○○になれない」
 
そう言っておけば、思っておけば
行動しなくていいから。勇気出さなくていいからなんだな。
 
口では「人生変えたい」って言ってるけど
心の奥底では(本人も気付いてない可能性大)
「人生変えたらどうなっちゃうんだろ?」
「今までと違うことやるの怖いな」
「ってか今までと違うことやるなんて面倒くさいな」
「急に今までと違うことしたら、家族やパートナーや友達や会社の人に変な目でみられないかな?」
って色んな感情がウヨウヨしてて、
結果「変わろうとしない方が楽かも」って
なっちゃうのさ
 
だけど口では「変わりたい」と言う。
そう言ってたほうが都合いいから。
 
THE矛盾w
 
今回の人は、この話を聞いて「確かにそうだったかもしれない。」と気付いた上で
「それでも変わりたい」って言うことだったからズバズバ言うようにしたのだw
 
1個ずつ全部書こうと思ったけど、
やたら長くなりそうだったから今回はここまででw
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。