デブが悪いと誰が決めた?デブに誇りを持つ男の考え

スポンサーリンク

最近「太った?」て言われる事が
めちゃくちゃ多い(笑)

オレは体重計に乗る習性が無いため真相は謎w

でね、大抵の人は「太った?」って言われたら
へこんだり、ムカついたりすると思うんだよね。

大川忍公式LINE@では無料で相談に乗ってます。登録は下記からどうぞ!
 

それって
「太る=悪いこと」
「太る=カッコ悪い」
「太る=自己管理出来てないこと」
そんな固定概念がこびりついてることが原因
なんじゃないかとオレは思うのである。

反対に
「痩せる=いいこと」
「痩せている=カッコいい」
「痩せている=自己管理が出来ている」とか
やたら痩せてるってことが素晴らしい的な
固定概念も同時にこびりついてるんだと思われる。

でもさ、そもそも太ってるとか痩せてるとかは
人それぞれ基準値が全く違うことだし、
人それぞれ望む体型も全く違うわけでさ。

オレは自分が太っていると自覚してるけど
悪いなんて全く思ってなくて、
むしろ、この体型はオイシイって思ってる。

昔は今より25kgくらい痩せてて割りとイケメン
的な立ち位置に居た(多分だけどw)時代もあって、
それはそれでオイシイ思いをさせて頂いたけど
今はまた違って太ったことで「癒し系」とか
「安心感」とかを感じてもらえるようになって
今のオレには太ってるのが向いてるなって
本気で思う次第です。むしろ強みだとすら
思ってます。

今回は体型のことを例にあげて書いたけど
それに限ったことではないよね。
そんなことって一杯あると思う。

もうひとつの例えを出してみる。

「テレビを観る、観ない問題」ね。

沢山の人のSNSを見てると
「テレビなんて観ない」って投稿が沢山ある。
その理由が
「テレビ観る=洗脳される」
「テレビ観る=時間の無駄遣い」的な
どこぞの成功者が言ってたようなことを
そのまま鵜呑みにしてる人が多いんじゃない?

「テレビ観ない=洗脳から逃れられる」
「テレビ観ない=時間を有効活用できる」

確かにメディアは洗脳されるような作りに
なっているものもあると思うところもある。
だけどそれも人それぞれだと思うよ。

オレは普通にテレビを観る。
特にお笑いとクイズ番組は大好物w
お笑いは心にも身体にもいいし、
クイズ番組は正解した時がめちゃ気持ちいいし
自分の知らないことを知れるのがいい。

その他にもドラマも観るしドキュメンタリーも
ニュースも観る。もちろんオリンピックもね。

だからってメディアが全て正しいなんて
これっぽっちも思ってない。
正しいこともあれば違うんじゃないかって
思うこともある。

結局さ、大切なのは
「どんな状況や環境でも流されないこと」
これにつきるんじゃないかと思うな。

流されない自信があれば何かを制限するとか
しなくていいと思う。

全て自分の価値観(フィルター)を通して
決めていけばそれだけでいいと思う。

まあ、これもオレの価値観だけどね。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。