ネットで信頼を得る方法とは?オレが実践している3つのこと

スポンサーリンク

今のネット社会、SNSや個人ブログが
どんどん普及し、毎日無数の情報が色々な人から
入ってくる。

その情報の中から自分は誰の情報を選ぶのか?
また、自分が選ばれるにはどうしたらいいのか?

これはやはり実社会と同じで「信用」が
一番だとオレは思う。

実際に少し前に書籍の無料プレゼントを
SNS上で実施したのだが、実に50名以上の方に
本をプレゼントさせてもらうことができた。
しかも全て郵送によるものだったので、
希望者の方の住所や個人名、電話番号を教えて頂く
必要があったのだが、誰も躊躇することなく教えてくれた。
今は個人情報を開示することに抵抗を感じる人が多い。
メルマガに登録するのだって抵抗を感じる人がいる
世の中において、逢ったことのない人間に開示して
もらえるということは、「信頼」をしてもらっているとう事実だ。

もうひとつは最近新しいプログラムをSNSで告知したのだか
その記事を見ただけで3名の方がすぐに申し込みをしてくれた。
金額的に、30、000円という決して安価のものではないのに
自発的に受けたいとメッセージを頂くことができた。

そこで、今回は普段オレがSNSやブログやメルマガを
書くときに意識していることを紹介したいと思う。

 

①1日1回は必ずいずれかを更新する。

今現在、facebookと個人ブログは毎日更新
するようにしている。
そうすることで、読んでくれる方との接触回数は増え
実際に逢わずとも、身近な存在になることが出来る。
もちろん中身は重要だが、更新が不定期だと目にされない
確率が高くなってしまう。
だから特にSNSに関しては1日1回とは言わず
思ったことがあればすぐに更新をしている。

②facebookはなるべく自分が写った写真を

facebookはその名の通り顔を出して行くほうが
より読んでくれる人に親近感をもってもらえる。
実際にSNSで繋がってからお逢いさせてもらう方が
多いのだが「初めて逢った感じがしない」と言って頂く
ことがほとんどだ。
最近は料理の写真や風景の写真や動物の写真
ばかりアップしている人を見かけるが、それでは
自分を知ってもらうことは難しいだろう。
だからオレはできるだけ色んな表情を見てもらえる
ようにしている。別にカッコつける必要もない。
親近感を覚えてもらうにはありのままの表情が
BESTではないだろうか?

③投稿内容は自分が実際に体験したことや
  感じたことをリアルに

やはりこれが一番大切だと思う。
沢山の人の投稿や記事を毎日見るが
いまいちリアルさに欠ける内容が多い気がする。

基本的にオレは実際に自分が体験したことや
何かを見たり聞いたりして自分が思ったことを
そのまま書くようにしている。
文章力はまだまだ目に余るものがあるが
まずは、嘘偽りなく書くことを最優先にしている。

そうすることで、オレという人間の思考をリアルに
知ってもらえることが出来ると思うから。

文章を上手く書こうとか、凄い人に見られたいとか
誰かの目を気にした投稿では読んでる相手には
伝わらない。むしろ不信感や胡散臭さを感じてしまう。

これはネットだけに限らずリアルな世界でも同じ。
自分を過大評価も過小評価もせずに思いのたけを
素直に伝える。

ブランディングが大切だと言われることが多いが
オレはそこまで重要だとは思わない。
ブランディングを意識するあまり自分の考えを
素直に伝えられないのであれば逆効果ではないかと
感じる。

以上。参考になるかどうかは分からないが
これもまたリアルな体験に基づいてのことである。

 

プロカウンセラーによるマンツーマン合宿詳細はこちら

大川忍のストーリーはこちらから

大川忍YOUTUBEはこちらから

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1977年8月12日生まれ。性同一性障害の当事者で35歳まで女性として生きる。2013年に戸籍を男性に変更。現在はカウンセラー、コーチ、 トレーナーとして活動中 。